読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

ミニマリストのiPhone(Spotlight検索)

iPhone

Spotlight検索を使っている人はいますか?
使っていない人は、設定をオフにしていますか?

Spotlight検索とは、iPhone内のデータを検索できるツールです。ホーム画面からスワイプすると検索窓があらわれて、ここから写真やアプリ、電話帳などの情報を一括検索できるようです。

f:id:mlzk:20161104195919p:plain

「できるようです」という表現にしたのは、私がこの検索窓を使うのは極めて限定的。Googleで調べ物をしたいときだけです。iPhone内のデータが最小限でキレイに整理されていれば、内部の検索機能は不要なのです。

個人が管理するパーソナルなデータは、ブラックボックス化が進んでいます。ブラックボックス化が顕著なのがEvernoteです。「とりあえずデータを突っ込んでおいて、あとから検索で探し当てる」のがEvernoteの代表的な使い方ですが、こういう内部が整理されていないブラックボックスの状態はいけません。なぜなら、データを記録しただけで、頭の中が整理されていないからです。管理しようとすればするほど、タグやノートブックが増えていき、複雑化が進んでいきます。

例えるなら、書類が散らかったデスクです。「検索すれば該当の書類が引っ張り出せる」という理由はわかりますが、客観的にみると大きな渦を巻いたブラックボックスです。とても健全な運用に見えません。第二の脳とも称されることもあるEvernoteですが、第二の脳が雑然としたブラックボックスになっていませんか。

同じ理由で、Spotlight検索が必要になるくらいにiPhoneの機能やデータを広げすぎてはいけません。ミニマリストからのアドバイスはやはり必要最低限にすること。頭の中で把握できるくらい、もしくはパッと見ただけで全体像がわかるくらいに、絶対量を少なくしてみましょう。

私はSpotlight検索をすべてオフにしています。本当かどうかはわかりませんが、オフにすることでiPhoneがSpotlight用のデータを記憶しなくなり、電池の消耗を軽減するようです。

f:id:mlzk:20161104203454j:plain
f:id:mlzk:20161104203524j:plain
f:id:mlzk:20161104203548j:plain

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack