Malzack Blog

Malzackの書くブログ

サイレントiPhoneのすすめ

iPhoneは震えないようにしている。バイブレーションが好きではないからだ。

バイブレーションは、周りに迷惑をかけずにポケットの中で通知を知らせてくれるものである。しかし、最近ではファストメッセージが流行しはじめた。早いだけで重みのないメッセージの連続で、その都度iPhoneが震える。LINEで送られるスタンプごとに、生活が中断されるのは実にもったいない。

ファストメッセージは急ぎの連絡には役立つが、すべてがファストメッセージ化するのは寂しいものだ。もう少し、スローなメッセージなやりとりを意識する段階に来ている気がする。

ポケットの中でのバイブレーションもうるさく感じるが、机の上に置いた状態がその上を行くほどに苦手だ。iPhoneが震えるたびに聞こえるノイズ音がフラストレーションになる。

同じような感覚をお持ちの方は、思い切ってバイブレーションはオフにしよう。『着信スイッチ選択時』と『サイレント選択時』の両方ともにオフに。こうすることで、iPhoneのバイブレーションがピタっと止まる。通知はホーム画面から確認すれば十分だ。

f:id:mlzk:20161105122749j:plain

上の画面で重要な設定は『ボタンで変更』をオフにすることだ。こうすることで、アラーム音が一定になる。iPhoneは横にあるスイッチでマナーモードとの切り替えができるが、『ボタンで変更』をオンにしたままだと、アラーム音のボリュームまで変更できてしまう。「アラーム音が小さくなってて、朝起きられなかった」という事態にならないように、この設定はオフにしておこう。こうすることで、常にスライダーで設定したボリュームでアラーム音が鳴る。

さらに画面を下にスクロールしていく。

f:id:mlzk:20161105122852j:plain

着信だけはオフにできないのがiPhoneの仕様のようだ。しかし、マナーモードにしておけば、バイブレーションがオフなので、音も出なければ震えもしない。最近の連絡手段は電話を使わないことがほとんどなので、この設定でも困らない。iPhoneを使うときに不在着信を確認したら、折り返すようにしている。「電話は出るものではなく、かけるもの」という認識だ。

そのほかの設定は、項目をタップしてから、バイブレーションと通知音をそれぞれ『なし』にしよう。

f:id:mlzk:20161105122751j:plain

これで、サイレントiPhoneの完成だ。アラームのときだけ音を出して教えてくれる、便利な相棒だ。

プライバシーポリシー
© 2014 - 2018 Malzack