Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

Inbox Zeroがスタンダードになっている

調べてみると、Gmailの歴史は2004年から始まっているようだ。そして、個人的なGmail歴は10年くらいになる。Gmailとは長い付き合いだ。ずいぶんと慣れてしまったので、キャリアメールやiCloudメールはどうも馴染めない。最近ではLINEのようなファストメッセージが流行しているが、アットマーク付きのアドレスは暮らしに欠かせない存在だ。

GmailのiOSアプリがアップデートされ、カジュアルなイメージにシフトした。いつも通り使っていると、こんな表示になった。

f:id:mlzk:20161111081304p:plain

これはまさに『Inbox Zero』の使い方を想定している。メールを受信ボックスの中に入れたままにするのではなく、振り分けたり削除したりして常に空っぽの状態にする『Inbox Zero』が、スタンダードになったのだ。言い換えれば、今までの「新着メールはありません」から「これですべて完了です」への転換。

Gmail歴は10年。『Inbox Zero』をやり始めたのが7年くらい前だったと記憶している。当時は「そこまでやらなくても」という意見も多かったメール管理術が、これでさらに広まるかもしれない。持ち物を減らすブームの次のステージが、デジタルの分野に進むのは明白である。

Gmail、Inbox zero、減らすブーム。10年くらいの時代の流れを、今回のアプリのアップデートから染み染みと感じる今日この頃です。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack