Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

ミニマリストのiPhone(Safari)

インターネット中毒になってしまった。だから現在治療中である。

もともと携帯電話でのインターネットは不便なものだった。画面が小さく、ポイントカーソルを動かすのが自在でなかったからだ。それを解消したのがiPhoneである。いつでもどこでもPCと同様のサイトが閲覧できるようになった。情報をすぐに検索できるのは便利だが、実際のところは、さほど楽しくもない娯楽ツールとしてインターネットを利用している人がほとんどではなかろうか。

差し当たって欲しいものがないのにショッピングサイトをふらふらとしたり、動画を転々と閲覧したりする人は多い。それが本当にやりたい行動ならいいが、ほとんどの場合「なんとなく」行っているだけのように思う。「ニュースを読む」なんてほんの一部で、本当に時間をかけて読んでいるのはゴシップ記事だ。まとめサイトやポータルサイトは"釣る"のに必死だ。そして僕たちはまんまと釣られて無駄な時間を過ごしている。

ブックマークは質の高いコンテンツのサイトを選ぼう。自己制御に自信がない人は、一度ブックマークをゼロにしてしまおう。僕は現在治療中なので、Safariのブックマークはゼロにしている。調べたいことがあるときは、タスクとしてメモに残して、自宅のMacBook Airを使う。そのほうが圧倒的に早いからだ。いま急ぎで調べなければならないことだけ、iPhoneで調べることにしている。

Safariのアプリのアイコンはホーム画面に置かずに、見えないところに隠している。調べたいときは、画面を下にスワイプするか、右方向へのスワイプでウィジェット画面を表示すれば調べることができるので。

f:id:mlzk:20161120152827j:plain

f:id:mlzk:20161120152839j:plain

そのほか、細かい設定は次の通り。サクサクとSafariが動作するように、いらない項目はオフにしている。

f:id:mlzk:20161120152847j:plain
f:id:mlzk:20161120152851j:plain
f:id:mlzk:20161120152900j:plain

また、コンテンツブロッカーを搭載していて、広告を極力排除している。不要な情報をなるべくカットできるし、広告がないとページの読み込みも速いので、ストレスなくインターネットを使うことができる。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack