読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

ミニマリストにぴったりのオックスフォードシャツ

wear3

f:id:mlzk:20161123133125j:plain

持つべきものは『読者さま』です。

こうやってブログを書いていると読者の方から良い情報を教えていただけることがあります。この度あたらしいシャツを買ったのですが、こちらは読者の方からメールで紹介されたブランドです。

胸元にグリフィンのワンポイントがある『ジムフレックス』のオックスフォードシャツです。実際に試着してみると、タイトなシルエット。シャツを出したときの着丈も短過ぎず長過ぎない。176cmの身長がある私ですが、Sサイズが本当にぴったり。以前買ったブルックスブラザースは着丈が長くてカットしてもらっていたので、そういった手間も費用も不要になりました。素材もしっかりしていて存在感があります。

さらにお気に入りのポイントは、胸ポケットがないこと。胸ポケットについついiPhoneを入れてしまうクセがあり、そこから何度か落下させてしまった苦い過去があります。そのリスクが回避できますし、削ぎ落としたデザイン性に美学を感じます。袖のボタンもひとつだけ。普通は2個のボタンがついていて、手首の太さによって留める方を選べますが、そこも潔くワンボタン。ミニマリストの共感を呼ぶデザインになっています。

無印良品のオックスフォードは2年間くらいお世話になりましたが、首回りの擦り切れが目立ってきたので処分します。シャツの寿命ってこれくらいなんでしょうか。今回ジムフレックスのものを2枚買ったので、ブルックスブラザースの3枚とあわせて、合計5枚です。ブルックスブラザーズのものが寿命になったら、ジムフレックスを買い足す予定でおります。

© 2014 Malzack