Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

Kindle読書の集中力を高めるテクニック

f:id:mlzk:20161231131326j:plain

電子書籍とアナログ書籍のどちらがいいかと聞かれたら、どちらも一長一短であると答える。電子書籍は即座に読むことができるし、アナログ書籍は"手触り"という実感があるので記憶に残りやすい。
ミニマリストが忘れてはいけない『紙の書籍』のメリット - Malzack Blog

今回の記事は、Kindleアプリでの読書について。Kindle端末は使ったことがないのでわからないが、iPhoneやiPadでKindle書籍を読むときに感じることがある。それは、「集中力が続かない」ということだ。

これは、iPhoneやiPadが"寄り道しやすい"デバイスだからだ。インターネットにつながる多機能の端末は、頭と体が読書以外の作業を覚えている。そのため、読書をはじめてからも、ウェブサーフィンがしたくなったり、メッセージの通知を確認したくなったりと、読書に没頭できないのだ。ホームボタンを押すだけで簡単に寄り道ができてしまう。

この点では、アナログ読書のほうが有利だ。完全オフラインである紙の書籍は、寄り道のしようがない。両手も塞がっているのもこのときに限りメリットになる。つまり、本当に集中しやすいのはアナログでの読書だ。

しかし、集中しにくいKindleアプリの読書でも、テクニックひとつで集中力を高めることができる。

それは、タイマーを設定することだ。iPhoneとiPadにはタイマー機能がついている。これを活用しよう。人間とは単純なもので、「ガマンしよう」と思うだけよりも、タイマーを設定したほうがガマンできるようになる。

集中が特に途切れやすいのは、読書のスタートのときだ。10分〜15分読んでいると、集中モードに自然と移行していく。勝負を決するのはスタートの数十分。その時間をタイマーテクニックで回避できれば、アナログ読書のように集中することが可能になる。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack