読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

ミニマル思考に役立つインフォグラフィック入門

MinimalLife

図解で考えるクセをつけてから、モノゴトをシンプルに捉えられるようになりました。

読んだ本のまとめ、暮らしのアイディア、ブログの執筆に役立っています。図解で考えることは、「つまり、どういうこと?」という"まとめる力"を養ってくれます。ビジュアルでわかりやすく表現するので、誰かに説明するときにも有効です。

たのしいインフォグラフィック入門』を読みました。インフォグラフィックとは、わかりやすく言えば、図解+絵です。ヒトやモノのモチーフを使うことで、全体像を伝える手法です。これには言葉よりも多くのことを伝えられるパワーがあります。デザイナーの佐藤オオキさんのスケッチにもよく使われます。

f:id:mlzk:20161231192327j:plain
http://www.nendo.jp/jp/works/draftsman/draftsman-01-scale/

インフォグラフィックはデザイナーだけのものではありません。図解で考えるテクニックとしても参考になります。書籍のなかでは、インフォグラフィックの基礎となる「図解のパターン」が紹介されています。全部覚えるのは面倒なので、エッセンスを凝縮してみました。私の考えでは、図解は大きく分けると4つのパターンに集約できます。

f:id:mlzk:20161231165122j:plain

簡単に言ってしまえば、矢印、四角、三角、丸です。それぞれフローチャート図、マトリックス図、ピラミッド図、ベン図などの呼び方はありますが、細かく考えずに図の形で認識してしまうのがいいと思います。暮らしに役立てるには必要最低限の知識で十分です。これらを使って、また、ときには応用して、自分の考えを整理してみませんか。

ミニマル思考には図解やインフォグラフィックが相性がいいです。テキストまみれのブログを書いている私が言っても、説得力がないのかもしれませんが。

© 2014 Malzack