Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

Apple Pencilの充電方法は「見た目」よりも「実用性」が重視されている

Apple Pencilを使っている人を見たことがない。

そもそもiPhoneに比べると、iPadを持っている人が圧倒的に少ない。そして、iPad Proになるとその利用者はさらに少なくなる。そう考えるとiPad Proでしか使えないApple Pencilは、本当にわずかな人だけが使っているのだろう。出先で使わずに自宅だけで使っている人もいると考えると、街中で見かけないのも頷ける。

Apple Pencilの利用者は少ないのに、充電方法は非難の的になっている。「この見た目はギャグだ」「カッコ悪い」と評判だ。でも、使っている人からすると、すごく実用的である。

Apple Pencilは、その専用デバイスのiPad Proと常に一緒だ。相方にキャップを外して差し込むだけ。ケーブルも不要で、高速で給電ができる。「充電が必要なペン」と聞くと面倒な気がするかもしれないが、15秒差すだけで30分の筆記が可能になる。

取り外したキャップはiPad Proのベゼル部分にマグネットでくっつく。だからキャップを落としたり紛失することもない。このあたりにも、ユーザーの気持ちを汲んだ細かな配慮が感じられる。

f:id:mlzk:20170104084432j:plain

スタバでMacBookを開いている人は、「かっこつけている」と陰口を叩かれている。個人的には、Panasonicの『レッツノート』を使っている人のほうが、仕事ができるビジネスマンっぽくてカッコいいのだが、感覚というのは本当に人それぞれだ。

最近は12インチのiPad ProとApple Pencilがカフェのお供だ。カフェでこんな充電方法をしていると、「かっこつけている」ではなく「ダサい」と評価されるのだと思うが、そちらのほうがむしろ気楽で心地良い。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack