読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

Kindleをオーディオブック風にして『目・耳・手』を使って読書をする

SelfManagement

iOSの読み上げ機能をオンにすると、Kindleをオーディオブック風にすることができます。「どういうメリットがあるか」の前に、まずは手順から。iOSの『アクセビリティ』の『スピーチ』から、『画面の読み上げ』をオンにします。

f:id:mlzk:20170108092045j:plain

次にKindleアプリを開きます。画面のエッジ部分から2本指でスワイプダウンすると読み上げ機能が作動します。スピードは『カメ』と『うさぎ』のボタンをタップすることでコントロールできます。

f:id:mlzk:20170108091907j:plain

画面読み上げ機能のすごいところは、1ページを読み終わると自動的に次のページにスクロールすること。手放しでページがめくられて、読み上げが続いていきます。

f:id:mlzk:20170108091723j:plain

この方法には2つの弱点があります。

ひとつは、読み上げにやや間違いが発生すること。イントネーションの違いや、漢字の読み方の間違いが、最初のほうは気になります。箇条書きの◉の文字をいちいち「にじゅうまる」と読むのも「おいおい」と思う。どうしても「機械が読んでいる」感覚がぬぐいきれません。ずっと聴いていると慣れるんですけどね。

つぎに、挿絵があると読み上げが止まります。ページ送りもそこで行き止まりのようにストップしてしまいます。小説のように文章だけの構成なら問題はありませんが、ビジネス書や実用書には必ずと言っていいほど挿入がありますので、一冊丸々読み続けることができません。

この2つの弱点があるので、Kindleをオーディオブック化し、電車の中で延々と聴くということはできません。途中で止まるし、読み間違いもあるからです。

でも、この方法はすごく便利なので、ぜひとも取り入れていただきたい。どういう風に使うのがいいのかと言うと、「読み上げ機能を使いながら、画面でも読む」ことです。つまり、目と耳の両方を使って読書するのです。

この場合、音声のスピードを聴き取れないくらい速くするのがポイントです。字を追いながら聴くと、案外追いつけるものです。スワイプすることなく、目と耳を画面に集中して本を読んでいきます。

iPhoneやiPadでの読書は集中力が続かない。多機能デバイスは、メッセージが気になったり、お気に入りのサイトに行きたくなったりと"寄り道しやすい"からです。それを回避する方法として、以前にタイマーを設定する方法もご紹介しましたが、この読み上げ機能を使うのも集中するためのテクニックです。

両手が空くこともメリットです。自動でページ送りがされるので、空いている手でメモを取ることができます。挿絵が入るたびに再度スワイプする必要がありますが、ページごとにスワイプするよりは断然いい。

こう考えると、Kindleをオーディオブックにすることで、五感のうち、視覚・聴覚・触覚の3つを使いながら読書をすることができます。これほど頭に入りやすい方法はありません。紙の書籍では味わえないデジタルならではの魅力ですね。

© 2014 Malzack