読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

Bullet JounalをA4サイズで行うメリット

HandWriting

f:id:mlzk:20170109192025j:plain

好きな紙のサイズはA4です。A3だと大きすぎて、小さなテーブルで広げられませんし、バッグにいれるときは半分に折りたたまないといけません。A4は実用的ながら、たっぷり書ける大きさです。

こちらの記事を書いてから、A4サイズのBullet Jounalを続けています。私の場合はiPad Pro 12.9とApple Pencilですが、A4サイズのロディア No.19でも同様のことができると思います。

A4一枚で月間のセルフマネジメントをすべて凝縮したい。欲張りかもしれませんが、習慣化、スケジュール、タスクの3つをこのBullet Jounalに盛り込んでいます。

まずは、一番左側。こちらは習慣化のトラッカーです。習慣にしたい行動を3つに絞り込んで、完了するごとに黄色で塗りつぶしていきます。黄色の面積が広がっていくごとに満足感が高まるので、モチベーションも高まります。

次に左から2番目。こちらはスケジュール管理です。iPhoneのカレンダーにも備忘のために予定を登録していますが、こちらにも手書きで記載しています。手書きで書き込んでいくことで、頭のなかに予定が刻まれやすくなります。タスクと並行して見ることができるのも大きなメリットです。月全体のスケジュールをイメージしながら、細かいタスクをクリアしていけるは、このフォーマットの良いところです。重要なタスクは、スケジュール欄に移行します。

右半分以上を占めているのは、タスク管理です。iPhoneのメモアプリや、ロディアのブロックメモで収集したタスクを、こちらに転載していきます。すべてのタスクがこの一枚のBullet Jounalに集約されます。全部のタスクが一望できるのがメリットです。アプリを使ったタスク管理は、このように一枚で全体のタスクを見渡すことができません。UIの仕様上、必ずと言っていいほど画面外の表示がでてきます。それをタップやスワイプで閲覧していくわけですが、その方法では、全体のボリューム感やつながりがボヤけてしまう。A4で一望できるほうがストレスフリーのタスク管理ができます。

以上が、『Bullet Jounal A4』で行う3つのセルフマネジメントです。実践してみて思うのは、すごくいい。この数年で一番の充実感を味わっています。しかしながら、もちろん弱みがあります。それは、はじめて10日ほどなのに、だいぶ埋まってきてしまったということです。

全部が埋まってしまったらどうしようか。完了したタスクを消しゴムで消すことも可能ですが、なんとなくそれはBullet Jounalらしくない。全部が埋まったら新しいページを作って、残ったタスクのみを手書きで移していこうかな。手間はかかりますが、Bullet Jounalは手間がかかるから有効なのです。

また、経過をブログに書こうと思います。今回はこの辺で。

© 2014 Malzack