Malzack Blog

Malzackの書くブログ

Note Alwaysは紙をめくるようにページ移動ができる

Note Alwaysはアナログの紙とペンに引けを取らないアプリだ。書き心地はまるで、実物のペンのようである。トメハネもしっかり表現されるので、機械的ではなく人間的な文字が書ける。

アナログよりも優れているのは、文字の色や太さが後から変えられることだ。また、移動や縮小もできる。それらのアクションが、Apple Pencilでグルっと囲んでから直感的に変更できる。

メリットだらけのNote Alwaysだが、唯一の難点だと思っていたのが、ページ移動のアクションであった。しかし、これも過去形の話。画面のエッジ部分からのスワイプで、まるで紙のノートをめくるように、ページ移動ができるようになった。このアクションはアプリの紹介ページにもどこにも書かれていないと思うのだが、見落としだろうか。

いずれにしても、「もしかしたらできるかも」と直感的に試してみたら、その通りに動いたというのが今回の記事の発端。2本指でつまむ"ピンチイン"で全ページの一覧画面に移動するのは知っていたが、もっと直感的に隣のページに移動できるようになった。

f:id:mlzk:20170122105406j:plain

ページ移動のアクションをまとめると次の通りになる。

  • 画面の左右から短くスワイプ→隣のページに。
  • 画面の左右から長めのスワイプ→ページ一覧に。
  • 2本指でつまむピンチイン→ページ一覧に。

ノートアプリはいくつも試してきましたが、ますます「向かうところ敵なし」となったのがNote Alwaysだ。Dropboxへの直接保存でたまに落ちたり、細かい不具合があったりもするが、バグ修正のアップデートも頻繁に対応してくれている。応援したい。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack