Malzack Blog

Malzackの書くブログ

『ファッション・ミニマリスト』と『モノ・ミニマリスト』

f:id:mlzk:20170210112129j:plain

僕はファッション・ミニマリストである。「ミニマルな外見に最大限にこだわる」という意味だ。

モノを減らし『ミニマリスト』を名乗りはじめたのは2010年。モノを減らすとストレスが軽減する。その効果がモノを減らすことを後押ししてくれたことは確かだ。

しかし、本当のモチベーションは、余白たっぷりでガランとした部屋がかっこいいと感じたことだ。インターネットで見たミニマルデザインの部屋に強い憧れをもったのだ。執着から離れる、大事なことを見つける、などの精神論ではない。

パンクミュージックの熱烈なファンは、パンクファッションを身にまとい、パンクな生き方を選ぶ。ミニマリストもこれに似ている。ファッションもインテリアも考え方も、ミニマルであることに狂信的である。

持ち物を減らす『モノ・ミニマリスト』が増えた。こちらの記事でも書いたが、モノを通して所属の欲求・承認の欲求を満たしてきた人が、モノから離れて自己実現の欲求に進んでいる。ところが僕がミニマルライフを営むのは、そういったモノ依存からの脱却が目的なのではない。ミニマリズムがアートであり、自分のファッションスタイルだからだ。

ミニマリズムの名手といわれるレイモンド・カーヴァーの小説を読んでみた。過度なほどに淡々とした文章と、たっぷり余韻を感じる短編集は、俳句のような美しさをもっている。ミニマルライフを極めるために、こういったミニマリズムの作品に触れるのもヒントになる。

プライバシーポリシー
© 2014 - 2018 Malzack