読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

ミニマルデザインの部屋にゴチャゴチャした配線はふさわしくない

iPhone、iPad Pro、MacBook Air、Apple Watch、ポケットWi-Fi、BOSEイヤホン、BOSEスピーカー。これらの持ち物はどれも充電が必要だ。そのため、アナログの持ち物に比べると厄介な面がある。

充電アイテムを買ったときに改めて思い知るのが、付属アイテムがあることだ。買った商品の箱の中には本体だけでなくケーブルや充電器が同梱されている。つまり、ひとつのアイテムを買ったつもりでも、増えるのは複数のモノになる。また、充電の際のケーブルも問題だ。ゴチャゴチャとした配線はミニマルでスッキリとしたインテリアを台無しにしてしまう。

ただし充電アイテムは絶対悪ではない。アナログ製品では味わえない利便性をもたらせてくれる存在でもある。要は取り扱い方に気をつければいいのだ。そうすれば、ミニマルな空間と共存することができる。

まずできることは、いらないケーブルを捨ててしまうことだ。Apple製品はライトニングケーブル、それ以外の製品はMicroUSBと相場は決まっている。同じケーブルを何個も持つ必要はなく、兼用で使っていくのがいい。こちらの記事でも紹介したように、切り替えができるケーブルがあればさらに便利だ。最小限のケーブルにすることでゴチャゴチャな印象を薄めることができる。

そしてもうひとつのテクニックは、ケーブルボックスを使うことだ。ボックスの中に延長コードをしまいこみ、そこから最小限の長さのコードを出そう。ボックスのうえに充電したいアイテムの本体を置けば見た目の収まりもいい。でかけるときにボックスを見る習慣をつければ、「充電したまま家に忘れてきた」というような事態も避けられる。

モノがあっても、ミニマルな空間が実現できればそれでいい。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack