Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

大好きだったギターを売却する心境

f:id:mlzk:20170409173352j:plain

ギターをはじめたのは20年ほど前だ。それから、ずっとギターを持ち続けてきた。いつからか、ギターを持っていることは自分のアイデンティティを築く、ひとつの要素になっていた。

ギターを弾くのは楽しい。自分で音を紡いでいく感覚は特別だ。音楽は聴くよりも弾くほうが断然楽しいのだ。

最近、YouTube動画でよく見るテレビ番組がある。それは「クレイジージャーニー」だ。探検家やジャーナリストが、人生をかけて追求していることを面白おかしく取り上げている。

そういう人たちを見ると、好きなことにかける情熱に圧倒される。ギターを弾くのは楽しいと書いたが、彼らに比べたらギターへの情熱は悲しくなるほどに弱くなっていることに気づいた。ギターキッズだった頃は寝る間も惜しんで弾いていたが、今はわざわざ時間を捻出してまで、ギターを弾きたいとは思わない。

熱量はなるべく分散させないほうがいい。質量の保存の法則のように、要素を減らせばまたどこかに使えるエネルギーになるからだ。

そこで、一度ギターを手放してみることにした。本当に欲しくなったらまた買えばいいのだ。吉祥寺の山野楽器で売却すると、10万円で買ったギターは4万3000円になった。あわせて、ギターのメンテナンス道具、チューナー、スタンドを処分した。これで、持ち物が一層少なくなった。

ギターに配分されていた熱量は、次の居場所を探している。
プライバシーポリシー
© 2014 Malzack