読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

睡眠においてもっとも重要な90分間にフォーカスする

睡眠時間は人生のおよそ3分の1に相当する。だから、睡眠は多くの人にとって大きなテーマであるようだ。「眠りを改善する」書籍が定期的にベストセラーになるのはそのためだろう。しかしながら、常に最新刊が出るということから、多くの人が書籍を読んでも抜本的な改善ができていないことが伺える。アレコレと切り口を変えて出版されるダイエット本とよく似ている現象だ。

私も睡眠に関する書籍をたくさん読んできたが、睡眠を変えられなかった人間の一人だ。ところが、今回『スタンフォード式 最高の睡眠』という本に出会って睡眠が大きく変わった。今までの睡眠書籍のなかで最高の内容であると実感している。

ミニマリストは本質を見極めて、その本質に集中する。『スタンフォード式 最高の睡眠』も似たような考え方が土台にあり、ミニマリストが共感しやすい内容といえるだろう。

スタンフォード式 最高の睡眠』に書かれている睡眠の本質とは何か。それは、眠ってから最初の90分間である。この90分間の眠りが深ければ深いほど、体も脳も大きく回復する。「睡眠は8時間以上」と一般的に言われるが、睡眠は量よりも「質」が大事なのだ。いくら長く眠っても、しっかりとした休息になっていなければ意味がない。レム睡眠、ノンレム睡眠のグラフは誰しも見たことがあると思うが、グラフの最初の谷の部分をなるべく深く下げるのが良い睡眠だ。あとはなだらかな曲線の上昇下降が繰り返される。

つまり、最初の90分間にフォーカスして、もっとも効果的なことを行えばいい。書籍の中で紹介されているのは、就寝90分前の入浴だ。入浴によって一度上昇した体温は、90分かけて下がっていき、深い眠りに入りやすくなる。つまり22時半に入浴を終了したなら、0時頃に就寝の体勢になっているのが理想的ということになる。

「布団に入るのは早いほどいい」というわけではないのがおもしろい。睡眠は量より質なのだから、焦って早く寝ようと思うよりも、入浴から90分後にちょうど眠れるように、リラックスして待てばいいのだ。そうすれば自分の余暇の時間だって確保できる。

眠ってからの90分間を深めるために、入浴終了から90分後に眠る。いろいろなテクニックを試すのもいいが、ミニマリストらしく、まずはこの一点に集中していく。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack