Malzack Blog

Malzackの書くブログ

ファストワークからスローワークへ

f:id:mlzk:20170418195554j:plain

スローライフの語源は、ファストフードの対義語のスローフードから始まる。

短時間、効率、低コストを実現させたファストフードに対して、非効率でも人間らしく実感のある食事を提唱したのがスローフード。その概念を暮らしにあてはめた言葉がスローライフだ。

仕事においてもファスト化が進み、ファストワークができる人ほど有能とされている。タスクやスケジュールを効率化し、ひとりで何人分もの仕事をこなせる人が評価されるのが現代だ。確かに、どれだけ相手にメリットを提供できるかが仕事の成果なので、ファストワークは直接的にも間接的にも人を喜ばせることができる要素がある。

Apple Watchをやめてチープカシオに変更した。Apple Watchはタイマー機能が便利だし、タスク管理のサポートになるし、ボイスメッセージも残せる。しかし、いままで背伸びして努力をしてきたファストワークをスローダウンすることに決めた。上昇志向を否定するわけではない。言い換えれば、IQよりもEQの高さを追求するような選択だ。仕事量は最大化できないかもしれないが、仕事の効果が下がるとは限らない。必要なムダだってあるのだ。同じ理由で、少し前から、OmniFocusで行なっていたタスク管理を手書きのBullet Journalに変更している。

ファスト化しすぎた仕事や暮らしを一度リセットする選択として、チープカシオを選んだ。たった1000円で買えるこの時計は、ミニマルなデザインであるということ以外に何の主張もない。「いい時計だろー」と誰かに見せびらかすこともできない。でも、それがいい。

Apple Watchをこれまで散々推してきた。いまもなお「Apple Watchは便利な使い方ができる」という意見は変わらない。でも、持ち物はその機能や性能だけで決まるのではなく、自分の暮らしのフィルターを通して決まるのだ。暮らしが変化すれば、持ち物も変わっていく。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack