Malzack Blog

Malzackの書くブログ

お香に火を点けるときは良質のライターを使おう

なんのためにお香を焚くのか。

お香を焚くとリラックスできる。心の浄化になる。特に愛用しているサンダルウッドはオリエンタルな香りで、異国にいるかのような気分にしてくれる。

お香を焚く理由が精神的なリラックスなのに、それに火を点けるライターが100円のものでは趣がない。せっかくの贅沢な時間を損ねないように、気分が高まるアイテムを揃えることにした。

選んだライターはサロメのもの。サロメは1940年からひとつずづ手作業でライターを作り続けている老舗メーカーだ。SC2というモデルは写真の通り自立する。香立ての近くに置くだけでインテリアになる。

f:id:mlzk:20170424120518j:plain

このライターにはプッシュ部分がない。「どうやって点けるの?」と疑問に思う作りであるが、実はこの黒い部分を横に回転することでカチッと火花が出て点火する仕組みになっている。普通のライターとは違うギミックに男心がくすぐられる。

f:id:mlzk:20170424120559j:plain

何個も本体を買い直す「使い捨て」ではなく、別売りのガスを買ってリフィルができるのも、100円ライターにはない充実感のある特徴だ。お香ライフを引き立てるのは、ライターであることは間違いない。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack