Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

ジャケパンルックをやめた

f:id:mlzk:20170506135355j:plain

暮らしのアイテムは、その人の生活の基盤によって決まる。カッチリとしたスーツを着る仕事の人と、私服が許されるクリエイターとでは、持ち物を選ぶ基準が大きく異なるのは言うまでもない。

割とカジュアルなスーツ姿でも許された仕事だったので、これまではジャケパンで過ごしてきた。オンオフ兼用にすることで持ち物のミニマル化を実現していた。

しかし、最近は毎日を動きやすい服装で過ごしている。スニーカースウェットパンツリュックサックを背負い、まるで少年のような出で立ちだ。

この新しいスタイルに移ったことで、使わなくなったアイテムがある。

  • GAPのチノパン
  • ブルックスブラザーズのリバーシブルベルト
  • 無印良品のジャケット
  • タオル生地のネクタイ
  • ウール生地のネクタイ

これらは捨てずに、セミフォーマル用として保管していくことにする。言わば、1軍から2軍落ちだ。これ以外にも、フォーマルなスーツを一着持っているので、カジュアル、セミフォーマル、フォーマル、の3つのTPOに対応できるようになった。

ベルトとネクタイは捨てるとフォーマルシーンで支障があるが、ジャケットとチノパンは処分してもいいのかもしれない。1年くらいの使用頻度を確かめて、また整理していくことにしよう。

潔く捨てたほうが、心が軽くなるのは知っている。でも、いまは焦らずに一歩ずつ進んでいきたい気分だ。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack