Malzack Blog

Malzackの書くブログ

『ウィークエンドページ』のススメ

自分のやりたいことがわからない。そういう人にオススメなのが、モーニングページだ。

モーニングページとは、書籍「ずっとやりたかったことを、やりなさい」で提唱されている自己発見の方法である。毎朝3ページにわたって、自分の感情を書き連ねていく。

洋書の原題は、The Artist’s Way。アーティストと言っても、芸術家という意味ではない。あなたの創造性を引き出すための本である。誰もが子供の頃は創造的だった。しかし、毎日のストレスでその創造性は奥底に眠ってしまっている。それを呼び起こすための方法がモーニングページなのだ。やりたいことがわからない状態から、わくわくするような状態に変わってくる。

モーニングページのルールは、思い浮かんだことを紙にそのまま書くことだ。書くことが思いつかないときは「何も思いつかない」と書いていく。自分がブランクの状態につながっていき、奥底の感情にたどり着くことができる。

デメリットは、時間が必要だということだ。モーニングページは毎朝の作業。しかも、慌ただしい気持ちでは取り組めない。少しゆとりを持って臨むために、早起きをする必要がある。つまり、モーニングページを習慣化しようとするときは、早起きもセットにしなければならないのだ。

誰もが早起きを習慣化したい。でもなかなか難しい。早起きだけでも難しいのに、さらにもうひとつのアクションを自分に課すのは大変だ。

だからまずは週末からはじめよう。モーニングページならぬ、ウィークエンドページだ。

特に早く起きる必要もない。休日の予定は午後からにして、自然と目が覚めたら紙とペンに向かおう。「出勤しなきゃ」と焦ることもないので、コーヒーでも飲みながら、リラックスして臨むといい。毎朝やるのが最も効果的なのは間違いないが、週末だけでも随分と違う。

最初から張り切り過ぎると、あとあと続かない。モーニングページをはじめる前に、まずはウィークエンドページをはじめてみてはいかが。

プライバシーポリシー
© 2014 - 2018 Malzack