Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

自分だけのノートのつくりかた

他人の生活を覗き見するのは楽しい。「他人の秘密を知りたい」わけではなく、「なるほど、そういう考え方や方法があるんだ」と単純に参考になるからだ。

このブログで学んだことは「持ち物を公開するだけでコンテンツになる」ということだ。持ち物公開だけでなく、Evernoteの使い方を公開したり、バッグの中身を公開したりすることもまた、他人の関心を集めるコンテンツになっている。

Instagramでも、ほぼ日手帳やモレスキンを使った手書きノートの公開が人気だ。どれもセンスが溢れる投稿ばかりで、見ているだけでこちらの創造性が掻き立てられる。しかしながら、人気のインスタグラマーは棲む世界が違う。インスタグラマーに憧れてノートを買っても、自分のクオリティの低さに落胆し、結局はノートの後半が白紙のまま引き出しの奥底にしまわれてしまう。

SNSで誰かに見せるためのノートと、自分のためのノートはまったく別のものだ。字が汚くても、レイアウトが整ってなくてもいいじゃないか。ノートは自分のためのものだ。

そう思う人に、とても参考になる本がある。わたしのノートのつくりかたの前半部分が特にいい。著名なモデル、作家などのリアルなノートが公開されている。Instagramに投稿しても反響は低いであろう、殴り書きのようなノートも掲載されている。でも、丁寧に飾り付けされたノートではなく、こういう生活に密着したノートが見たかったのだ。

ノートで背伸びしてもしょうがない。誰にも見せることのない、自分だけのノートを作ろう。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack