Malzack Blog

Malzackの書くブログ

出戻りブロガー

ブログの休止を宣言してから、たったの二週間で復活してしまった。

「ブログを書かなきゃ」とストレスになっていたのは、正真正銘の事実である。いままでのブログのテーマは「モノや暮らしを通じてミニマリズムを考える」だった。だから、新しいモノを買ったり暮らしを変更したりする都度、ブログにアップしなければならなかった。それが結構な重荷だった。

いま現在、ブログに載せていない持ち物がそこそこある。書けばアクセスも増えるのだが、まったく気乗りしない。

ところが習慣とは恐ろしいものである。これまで週に2本くらいの記事を書いてきたのがカラダに染み付いているようで、休止した3日後には文章を書きたくなってきた。どうしよう、これでは通常の更新頻度に追いついてしまう。

しかし、そのまますぐに復活するのはカッコ悪い。「さがさないでください」と家出をした子供が、その日の夜にお腹を空かせて帰ってくるみたいなもんだ。

高らかに休止宣言をしたのだから、ある程度の期間を空けないと読者の方に失礼なのではないか。そんなよくわからない礼儀まで気にする事態に陥った。

なので、真剣にこの問題を考えてみた。考えた結論は、どうやら僕には「ミニマリストのイメージをアップさせる」という勝手な使命感があったらしい。それを手放したら、憑き物が取れた。そうしたら、新しいモチベーションもむくむくと湧いてきた。

これまでは、他のミニマリズム記事を読むたびに「それはダウンシフトだろ」「ノマドと何が違うねん」「なんでもミニマリズムを結びつけるの恥ずかしいからやめてー」とかココロの中でツッコミをいれていたけど、もう気にならない。お好きにどうぞ。お先にどうぞ。

依然、僕はミニマリストなんだけど、表立ってミニマリズム論を語るのは控えよう。

そう考えたらココロに羽が生えたように軽くなった。おまけに指先も軽い。いまこの文章はiPhoneのフリック入力で書いてるんだけど、こんな隙間時間を見つけて書くなんて今までなかったことだ。

さぁて、次はダイソンのハンドクリーナーの記事でも書くかな!

まったく気乗りしなかった持ち物記事を書きたくなるなんて、我ながら調子のいい性格だと思う。政治家と僕の言うことは信じてはいけない。いや、こちとら天然で言うことがコロコロ変わるので、もっとタチが悪い。
プライバシーポリシー
© 2014 Malzack