Malzack Blog

Malzackの書くブログ

なりきり五郎

Amazonプライムビデオで「孤独のグルメ」を観るのが日課になっている。

「孤独のグルメ」とは男のグルメドラマである。グルメといっても高級料理はでてこない。主人公は井之頭五郎という輸入雑貨の個人事業主。彼が仕事の合間に立ち寄るレトロな定食屋や大衆食堂がメインである。ドラマといっても何も起こらない。「どの店に入るか」「どんなメニューを頼むか」を悶々と考える心理描写が延々と続く。

そんな単調なドラマの何が魅力なのか。うまく説明できないのだが、これが、なんかいい。井之頭五郎の食いっぷりをただ眺めているだけで、気持ちが穏やかになる。かわいいよ、井之頭。

もともと影響されやすい性格で、井之頭五郎が入りそうなお店を見かけると思わず立ち止まってしまうようになった。そういえば、腹が、減った。

f:id:mlzk:20170825092051j:plain

今日はここにするか。こういう手書きのメニューがいいんだよなぁ。オシャレな黒板とかじゃなくて、ホワイトボード。うん、いい。

A定食は豚ロースの黒酢す豚。気になる。黒酢酢豚だと「酢」が重なってしまうから平仮名を使っているんだな。しかし、B定食はもっと気になる。焼うどんに半チャーハンに唐揚げ。これは男子学生が喜びそうなやんちゃな食べ合わせだ。よし、今日はやんちゃに攻めてみよう。

f:id:mlzk:20170825092350j:plain

すごい。中国と長崎のぶつかり合いだ。お皿も料理も。チャーハンは、ピーマンがちゃんと苦い。焼うどんの味づけも気取っていなくて狙い通りの美味しさだ。これだけでも満腹なのに、唐揚げつきとは。メニューには「小」と書いてあったけど、4個も唐揚げが乗っている。これはうれしい誤算だ。

あっという間に平らげて大満足で店を出る僕。頭の中には「孤独のグルメ」の曲が流れている。

「い、の、がしらっ、フ〜♪」

孤独のグルメごっこ。オススメです。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack