Malzack Blog

Malzackの書くブログ

今日からLINEモバイル

格安SIMをIIJmioからLINEモバイルに切り替えた。

もしこのブログに熱心な読者がいるのならピーンと来ると思うが、LINE@で1:1トークをしたいがための乗り換えだ。

LINEでモヤモヤしていたのが、年齢認証。友だちから「検索してくださーい」とIDを教わったことがある。しかし、そのIDからアカウントを検索をしようとすると僕のiPhoneには「NTT docomoを契約の方」「LINEモバイルをご契約の方」と表示されて前に進めない。格安SIM派はここで進入禁止となるのだ。確かに月々の生活費を楽にするために格安SIMに移行した。しかしこんな表示を見ると「貧乏人は年齢認証するに値しない」と烙印を押されたような悲しい気持ちになる。

でも、LINEはバーコードを読んだりお互いの携帯をフルフルしたりすることで、ID検索は不要になる。だから問題がなかった。ところが、LINE@をはじめるにあたって、もう一度直面したのがこの年齢認証問題だ。年齢認証をクリアしないと、僕のLINE@に登録してくれた人と1:1トークができないのだ。

ふたたび表示された同じ画面から気づくのは、LINEモバイルを契約すれば年齢認証がクリアできるということ。盲点とはまさにこのことだ。別に3大キャリアと契約しなくても、格安SIMのまま年齢認証ができるではないか。

こういうときの行動は我ながら早い。こんな作業でこの表現を使うのはいささか大げさだが、電光石火だった。IIJmioへのMNP転出申請、LINEモバイルとのMNP転入手続き、クロネコと連携した最短のSIMカード受理、クリップを代用したnanoSIMの入れ替え。ここまでの流れがシームレスかつ迅速に行われた。高速で次々とコーナーを曲がるアルペンスキーヤーさながらといったところだ。

f:id:mlzk:20170827083219j:plain

IIJmioでは3GBからのプランしかなかったが、LINEモバイルには1GBのプランがある。これを選んだので、月額費用は以前よりさらに400円ほど安くなった。

さて、ここで改めてお知らせしよう。LINE@で僕と1:1のトークができるようになりました。感想や質問、どしどしと募集しております。「友だち追加」から登録をお待ちしております。

LINEモバイル

友だち追加
プライバシーポリシー
© 2014 Malzack