Malzack Blog

Malzackの書くブログ

Tiny Calendarでカレンダー共有

ブログの情報は点である。書いた人が「そのとき」を切り取った記事である。

だから、過去に僕が紹介した使用アプリも、現在は結構変わっていたりする。タスク管理、スケジュール管理も常に変化と進化を繰り返している。

現在はタスク管理よりもスケジュール管理に比重を置いている。今まではiOSのカレンダーをベースにしていて事足りていたが、公私ともにGoogleカレンダーを共有する便利さを知った。

公開スケジュールというのは本当に斬新で、共有のURLを伝えることで、相手が僕の予定を把握できる。予定を変更したら、リアルタイムで書き換えられるのがいい。常に最新の予定が相手に伝わるのだ。いろいろな人と会うのに重宝する。

Googleカレンダーを共有するときは、複数のカレンダーを管理するのがいい。たとえば、仕事用、プライベート用とカレンダーを登録しておく。そして共有する相手によって、見せるカレンダーを変えればいいのだ。見せたい内容、見せたくない内容を選ぶことができるので、スケジュールがダダ漏れになることがない。

そうすると、今まで推してきたカレンダーアプリ『Moncal』を変更する必要が出てきた。MoncalはiOSカレンダーをメインに使うときはいいが、Googleカレンダーを軸にするときには使えない。

そこで『Tiny Calendar』というアプリに乗り換えた。このアプリは複数のGoogleカレンダーの予定を、各端末からそれぞれ追加、削除、変更ができる。そしてなにより、iPhoneの表示方法に「月間日程表」を選ぶことで、細かい予定が一望できるのがいい。

f:id:mlzk:20171003171716p:plain こうやって一望できるアプリが実は少ない。いちいち「日にち」をタップしないと、細かい予定が見られないアプリが多いのだ。iOSのデフォルトカレンダーもそれができないのが惜しい。

Tiny CalendarはユニバーサルアプリなのでiPad Proでも使える。 f:id:mlzk:20171003171720p:plain

MacBook Proではデフォルトのカレンダーアプリを使用。Googleカレンダーと同期した内容が、MacOSなら細かく確認できる。iOSも早くこうなってほしい。 f:id:mlzk:20171003171723p:plain

僕のブログを参考にアプリを選んでくれる人もいる。無責任にならないように、以前はアプリを変更したとき、それ以前に使っていたアプリの紹介記事を削除していた。

参考にしてインストールいただいた後に、「あれ、あれだけ推していたのにもう使ってないじゃん」となっては、気分がよくないかなぁと思って。インストールしたアプリを毎回「神アプリ!」と大げさに褒め称えた挙句、コロコロとアプリを変更するブロガーが多いのも問題視していた。僕は真面目ちゃんなのだ。

でもブログ記事は点であるので、もうそこまで気にしない。過去の記事もそのまま残すので、点の情報として参考にされてください。ちなみに以前使っていたMoncalというアプリを、僕は「ベストカレンダーだ」と褒め称えていました。「神アプリ!」と言うのとたいして変わらんな。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack