Malzack Blog

Malzackの書くブログ

はつねのタンメン@西荻窪ウォーカー

f:id:mlzk:20171020194134j:plain

西荻窪でもっとも行列ができるラーメン屋さん。それが『はつね』だ。ランチタイムはいつも混んでいるので、なかなか入れない。閉店間際の17時頃がもっとも空いているが、スープが終わり次第終了なのでギリギリすぎてもいけない。

その日は16時頃に到着した。行列はできていないが、お店はちょうど満席。外で5分くらい待ってからの入店。ずっと食べたかったタンメンを注文。『はつね』はタンメンが有名なのだ。食べログのレビューを確認してみると、どうやらチャーシューもいけるらしい。そこで、プラス350円のチャーチュー入りにしてみた。

店内は「これぞ昭和のラーメン屋さん」という感じでレトロな印象。BGMはなく、これまたレトロなアナログラジオが流れている。

そのときのラジオのパーソナリティーはアンジャッシュの児嶋だった。店主が丁寧に作ってくれているあいだ「このタイミングで児嶋の声は聞きたくないな」と思う。なぜなら児嶋はとんでもない味音痴だからだ。

いつかのバナナマンのラジオで、「日村VS児嶋、どっちが人間としてダメなのか」という回があった。そのときに明らかになったのが、児嶋はまず野菜の区別がつかない。自分が食べているのがキャベツかレタスなのかもわからない。さらに酷いのが、自分が食べている肉が、鶏肉、豚肉、牛肉かすらわからない。きのこ類のシメジかエノキかなんて、彼にとっては超難問なのだ。

そんな風に思っているとお待ちかねとタンメンのチャーシュー入りがお目見え。

f:id:mlzk:20171020194203j:plain

湯気がたちのぼる様が神々しく、思わず合掌したくなる。そして、一口スープをすすってみると、優しい口当たりとほどよい旨味。女性には特に喜ばれそうな味だ。

濃厚なラーメンが好きな人は物足りないと思うかもしれない。でも、そう思うのは最初だけ。全部を平らげる頃にはお腹も心も満たされるし、「また明日も食べたい」と思える絶品だ。チャーチューは柔らかすぎず、硬すぎず。これまた大味ではないが、職人のこまかいこだわりが感じられる。

こんなに美味しいタンメンを、アンジャッシュ児嶋が食べたらどうなるか。チャーチューが何肉かはもちろん知らないだろうし、キャベツはレタスになり、もやしはエノキに感じるかもしれない。

児嶋に食べさせるのは心底もったいない。あれ、名前はコジマであってたっけ?ノジマだっけ?
プライバシーポリシー
© 2014 Malzack