Malzack Blog

— 丸山和訓のブログ —

iPad Proはデジタルノートだと思っている

僕にとってのiPad Proは、すなわちデジタルノートである。iPad Proだけで使えるApple Pencilはスタイラスペンというより、もう実物のボールペンと変わらないほどのリアルな書き味だ。

MacBookと比べるなんてナンセンスだ。あちらはPCなのだから、それと比べたらそりゃあiPad Proは不便である。iOSよりもMacOSのほうが優れているし、トラックパッドはないし。

iPad Proはかゆいところに手が届かないマシンだとよく言われる。しかし「iPad Pro=デジタルノート」という見方をしたとき、途端にすぐれたヤツに思えてくる。

まずもってデジタルノートという商品はあまり世の中にない。Apple以外にもいくつかのメーカーが商品をリリースしているが、まだまだニッチなジャンルである。

そのジャンルのなかで考えると、iPad ProとApple Pencilはすごい。なんたってiOSが使えるから、メモアプリやSafariも同期できるし、他にもさまざまなアプリが使えるのが強い。こんなに多様性のあるデジタルノートがあるだろうか。

最近はクローゼットにしまいこんでいたスマートキーボードを引っ張り出してきた。現在の僕のiPad Proはこんな仕様である。

f:id:mlzk:20171210011628j:plain

12.9インチという巨大な画面なので、見た目はまるでiPadのオバケ。「MacBookになりきれなかったiPadの怨念」といったところか。

スマートキーボードは正直使いづらい。しかし繰り返しになるがiPad Proはデジタルノートなのである。手書きのノートを取りながら、必要なときにはキーボードを広げてタイピングができる。ブログの下書きをしたり、Gmailで返信をしたりといった具合に。ノートのおまけ機能と思えば、優秀すぎるくらいだ。

f:id:mlzk:20171209102437j:plain

だからExcelが使えるかとか、ビジネスで使えるかとか、PC目線でiPad Proを評価してはいけない。デジタルノートが必要な人だけiPad Proを持てばいい。そう考えると、iPad Proはかゆいところをじゃんじゃん掻いてくれる。もちろん、PCの代替にはならない。

さて、ではデジタルノートはどのくらい便利なのか。それは使うアプリにもよるが、Note Alwayasはユーザーを歓喜させるアプリだ。ペンの種類も膨大だし、文字を後付けで色が変えられるし、アナログよりも消しやすいし、製図もできるし、一部を切り取って共有もできるし、PDFにもできるし、画像や写真も貼り付けられるし。

そのあたりは執筆させてもらった『iPad仕事術! SPECIAL』で熱く語っておりますので割愛いたします。 iPad仕事術! SPECIAL (手書きを極める!)

malzackblog@gmail.com
プライバシーポリシー
© 2014 - 2018 Malzack