Malzack Blog

— 丸山和訓のブログ —

BOBBY

前回リュックサックに変更して気づいたのが、取り回しの不便さだ。疲れにくいのがリュックサックの良さなのだが、モノを取り出すときにイチイチ身体の前側にバッグを持ってこなくてはならない。

そこで新調したのが『BOBBY』というこちらのバッグである。全体像はこちら。ツートーンでシンプル。

f:id:mlzk:20171214155809j:plain

メインの目的は防犯というバッグ。ファスナーは内側に隠されているので、後ろから誰かに開けられる心配がない。盗難をふせぎながら、ファスナーが見えないことで、シームレスなデザインを実現している。

f:id:mlzk:20171215093652j:plain

背中に面する部分にポケット。僕は長財布をここに入れている。背中に手を回せば財布があることを確認できるし、慣れればバッグを背負ったままで財布が取り出せる。盗まれる心配がないけど、すぐに取り出せる位置。

f:id:mlzk:20171215093533j:plain

斬新なのが、ショルダーベルト部分にSuicaが入ることだ。ファスナーがないので「すぐに落ちるのでは?」と言う人もいるが、底の浅いポケットになっているので落ちるリスクはほとんどない。片側にはSuica、もう片側には自宅のカギを入れている。バッグを手前に持ってくることなく、スピーディーにアクセスできる。リュックサックの弱点はこの仕掛けで解決できる。

f:id:mlzk:20171215093408j:plain

内側にはたくさんの仕切りがある。インナーバッグがすでに搭載されているような仕様だ。ペンやデジカメ、モバイルバッテリーを持ち運ぶのにも便利。

f:id:mlzk:20171220112535j:plain

PCを入れるスペースもある。iPad ProやMacBook Proを持ち運ぶときにはこちらに。

f:id:mlzk:20171220112652j:plain

BOBBYは人体工学的なバランスで設計されていて、重みを感じにくい。チェストストラップは不要だ。ショルダーの紐をグーっと引っぱって身体にピッタリとフィットさせれば、重みによる疲れを感じない。

デメリットは容量が少ないことだ。あまりたくさんの荷物が入らない。しかし持ち運ぶモノが少ない人には、これ以上快適で安全で便利なバッグはない。

このバッグにしてから、「そのバッグいいですねー」とよく注目されるようになった。「ありがとうございます。このバッグはBOBBYって言うんですよ!」と返すと怪訝な目で見られる。使っているこちらにとっては愛着のある名称なのだが、端からすれば変なネーミングなのかもしれない。いや、持てばわかりますよ。BOBBYは相棒のような存在で、名前で呼びたくなるんです。

— 更新通知を受け取る —
プライバシーポリシー
© 2014 - 2018 Malzack