Malzack Blog

— 丸山和訓のブログ —

波動とは周波数である

波動。この言葉はスピリチュアル界隈でよく使われ、その響きはいかにもスピリチュアルである。

"波動"と聞くと脊髄反射で「怪しい」と感じる人も多いと思うが安心してほしい。何についても二言目には「波動」と言う人には、僕も首を傾げている身だ。「波動波動って、ストⅡか」「俺はザンギエフか」とツッコミを入れたくなる。

今回はそんな"波動"を誰もが身近に感じられるように説明を試みる。ズバリ、波動とは周波数である。

キーンと高い音は周波数が高く、高い波動。ブーンと低い音は、低い波動である。キーンという音は頭のてっぺんで感じやすく、精神性を強調する。ブーンという音は生殖器や丹田のあたりに響き、体力面を強調する。

スピリチュアルでは精神性を強くしたいので「波動を高めましょう」と説くが、低い波動(周波数)も人間にとっては重要である。

すべての生命は波動であり振動している。つまり、すなわち周波数を持っている。

たとえば脳を計測してみると、そこにはやはり周波数がある。それは『脳波』と呼ばれる。アルファ波とかベータ波とか、誰もが聞いたことがあるだろう。そして振動がなくなった状態を『脳死』と呼ぶ。

頭皮などに電極をつけ、大脳皮質のニューロン電気的活動を記録したのが脳波です。
— 中略 —
仮に脳の活動が完全に停止して脳死状態になったら、脳波には一切の波がなくなり平坦になります。
運動・からだ図解 脳・神経のしくみ

脳波は科学的に周波数であらわされる。

  • アルファ波:8〜13hz
  • ベータ波:14〜30hz
  • シータ波:4〜7hz
  • デルタ波:1〜3hz

僕が使っている自然の音アプリ『Relax Melodies』にもこんな機能がある。脳波に近い周波数を聞くことで、狙った脳波に導こうという寸法だ。

f:id:mlzk:20180120004341p:plain

脳波は周波数としては、だいぶ低い。スピリチュアル的に言うと「波動が低い」ことになる。しかも深いリラックスになればなるほど、波動は低くなる。

つまり、低い波動だってステキな役割があるのだ。高ければいいってもんじゃない。文化放送の1143kHzよりもJ-WAVEの81.3kHzが劣っているなんて言ったら、クリスペプラーも心中穏やかではないはずだ。

こんな俗世っぽい言葉で波動のことを書くと、「あの人は波動が低い」なんて後ろ指を指されるのかもしれない。でも低い波動を聞くと、よく眠れるんですよね。脳波が落ち着くので。

運動・からだ図解 脳・神経のしくみ
Relax Melodies

—新着記事を受け取る—
プライバシーポリシー
© 2014 - 2018 Malzack