Malzack Blog

— 丸山和訓のブログ —

健康とは大雪を楽しめること

東京は昨日、4年振りの大雪になった。

一駅離れたところで仕事があって、帰りは夜になった。あたりは吹雪で四方八方に白い雪が吹き荒れている。駅のホームの屋根が機能しない。屋根を無視して横から顔めがけて雪がぶつかってくる。

しかしイヤな感じはしない。むしろ楽しい。ピューっと猛烈な吹雪が吹くたびに、「おおー、すげー」と笑顔になる。そういえば、子供の頃は雪が楽しかったなぁ、と思い出す。

駅を背にして、雪を踏みしめて歩いていると、とある親子とすれ違う。母親のしかめっ面と対照的に、子供はニコやかな笑顔。ふと目があい、お互いニコッと挨拶する。東京はたまにだからそう思うのだろうが、楽しいよね、雪。

健康とは病気がないことではない。Body、Mind、Spiritのバランスが整っている状態のことだ。落ち込むときは落ち込むし、楽しいときは楽しい。落ち込んでいるときに楽しいふりをしたり、反対に楽しいことを楽しめなかったり、そういうアンバランスな状態を不健康というのではなかろうか。

f:id:mlzk:20180123105933j:plain

久しぶりの雪にテンションがあがり、思わず自撮りをして記念に残す。目元はわずかに笑っているが、見ようによってはギャングである。まるで「豪雪で早退した企業の事務所荒らしに向かう輩」だ。

写真を撮るほどに大雪を楽しんだが、調子に乗って転んで怪我をすると、それはそれで不健康になる。健康と不健康は表裏一体でもあるのだな。しかし大雪を楽しめるココロの状態なら、回復だって早いはずだ。

malzackblog@gmail.com
プライバシーポリシー
© 2014 - 2018 Malzack