Malzack Blog

— 丸山和訓のブログ —

個人事業主のクレジット決済を応援するSquare

誰もがカンタンにビジネスをはじめられる世の中になった。

インターネット、SNSを使えば興味がある人同士がつながれるから、リスクを少なくスタートアップができる。資本金をドカンと注ぎ込まなければならないビジネスもあるが、少額から恐る恐ると商売はスタートできる。

決済システムも現代は便利になっている。個人でもカンタンにクレジットカード決済が導入できる。

友人から『Square (スクエア)』というサービスを教わった。パッケージに「今日からはじめるクレジットカード決済」と書かれているのはウソではない。

f:id:mlzk:20180125080434j:plain

箱から端末を取り出して、iPhoneにつなぐ。アプリをインストールして、作成したアカウントでログイン。

f:id:mlzk:20180125080412j:plain

あとはクレジットカードを差し込むだけだ。ホントにこれだけ。金額を入力すると署名画面になるので、指でサインしてもらったら決済完了。

f:id:mlzk:20180125080407j:plain

決済手数料は3.25%から3.95%。事業主負担にはなるが翌日には売上が振り込まれるので、資金繰りにもやさしい。

しかし最も驚きなのは、「兄さんこれ知ってるー?」と教えてくれたのは、@大豆製品だったことだ。

この友人は、ハンドルネームのゆるさからも察することができるように、デジタルにめっぽう弱い。先日試しに「Wi-Fiってなんだと思う?」と聞いてみたら、如実に目が泳いだ。その泳ぎ方は、まるで日本古来の水泳のフォーム"のし"のようだった。伝統的な泳法を否定するつもりはないが、それではとても電波をキャッチできるとは思えない。

しかしだ。そんな友人にも認知されているのだから、これは一部のデジタルフリークのための特権ではない。個人でもクレジットカードでお金を受けとることができる"インフラ"だ。対面の物販、ワークショップの金銭授受など、さまざまな用途で使うことができる。

反面、「ちょっと持ち合わせがなくて」という逃げ口実も、「大丈夫。クレカ使えるよ」と切り返される世の中に今後はなる。あたらしい言い訳を今から考えておくといいだろう。

友人の名誉のために言っておくと、彼女はデジタル音痴というところ以外は完璧な人間である。デジタルは誰でもカンタンに使える世の中になった。これからの時代に必要なのはアナログの力なのだから、まさに彼女の時代が到来していると言える。

お仕事、ファイトです。

—新着記事を受け取る—
プライバシーポリシー
© 2014 - 2018 Malzack