Malzack Blog

— 丸山和訓のブログ —

手袋とiPhone

寿司職人として日本一とも言われる小野二郎氏は、出かけるときに手袋を欠かさない。自分の商売道具である手を守るためだという。暑い夏でも身につけているおかげか、彼の手は赤ちゃんのように柔らかい。

僕の商売道具も手である。もともと影響されやすいタイプなので、早速真似することにした。季節もちょうど冬である。そこまで寒くない日はポケットに手を突っ込んで寒さをしのいできたが、これからは毎日手袋をする習慣をつけよう。

f:id:mlzk:20180208183854j:plain

持っている手袋は、icebreakerのメリノウール製だ。メリノウールは天然のエアコンとも言われているので、夏もそこまで暑苦しくならないと思われる。年中つけるには持ってこいかもしれない。

しかもこの手袋はタッチスクリーン対応である。親指と人差し指の先に特殊な加工がされていて、手袋をつけながらiPhoneが操作できるのだ。

ところがだ。iPhoneのロック解除には指紋認証を使っていて、さすがに手袋をはめていては突破できない。指紋認証をやめてパスコードにすればいい話だが、室内では手袋は外したいので、毎回パスコードを入力するのは手間だ。

そうなるとムクムクと興味が出てくるのが、Face IDである。まったく興味のなかったiPhone Xが急に気になりはじめた。もともと影響されやすいタイプなので、色々なネット記事を読んでいると欲しくなってきてしまった。

小野二郎氏はどのiPhoneを使っているのだろうか。いや、ご老人だし、寿司職人だし、そんなもの持っていないんだろうな。持っていたとしても、Twitterにログインしてダラダラと時間を過ごすようなことはしていないだろう。

やはり、日本一と呼ばれるプロフェッショナルに近づきたい。すべての時間を仕事のために費やすようにしなければ。iPhoneを見る時間を最低限にして、もっとやるべきことに注力するのだ。手袋で商売道具を守っても、その手でiPhoneばかり操作していたらなんのこっちゃわからない。

というわけで手袋ケアを導入して、iPhoneの使用頻度をさげることが決定した。僕はもともと、影響されやすいタイプなのだ。

icebreaker シエラグローブ

—新着記事を受け取る—
プライバシーポリシー
© 2014 - 2018 Malzack