Malzack Blog

— 丸山和訓のブログ —

Smart Keyboardを使いながらもできる音声入力

MacBookを手放せないのは、iPadよりもタイピングに優れているからだ。

iPad Proだけですべての作業ができるようになったらと常々思う。Apple Pencilは本当に便利で、紙とペンの代替えになる。動画やインターネットは大きい画面で効率的に楽しめるし、立てかけるだけでなく平たくしても使えるのでMacBookよりも取り回しがしやすい。

しかし、文字入力に弱い。専用のSmart Keyboardを使えばブラインドタッチができるが、なんといっても文字変換がiOSなのがいただけない。MacOSの文字変換のほうが頭がいい。だからブログなど長文を書くときにはMacBookを使ってきた。

ところが、音声入力も考慮するとその形勢は一気は変わる。MacOSでも音声認識はできるが、変換されるまで随分と長いタイムラグがある。しかも誤変換が多い。それに比べてiOSの音声入力はビックリするくらい精密で素早い。音声入力には少々慣れが必要だが、慣れると腕も疲れないし、ブラインドタッチよりも素早く文字を入力することができる。

とはいってもiOSの音声入力も100%正確ではないし、“口語の文章”と“読ませるための文章”には違いがある。だからどうしても手入力による校正が必要になる。音声入力をしながら物理キーボードが修正できたらどんなに便利なことか。

しかし、iPad Proでの音声入力は画面内の文字をタップする「ソフトウェアキーボード」の特権で、物理キーボードである「Smart Keyboard」で音声入力はできない。物理キーボードによるタイピングと音声入力を並行して行うことはできないのだ。

そう思っていたが、違った。

まずはスマートキーボードの下方向の矢印を押して、画面右下に出てきた下カーソルを長押しする。

そうするとソフトウェアキーボードが現れる。ここでポイントなのは、Smart Keyboardも正常に動作するというところだ。つまり、画面内でも文字が打てるし、物理キーボードを叩いても文字が打てる状態になる。

そうすると夢のような作業環境ができあがる。まず、ソフトウェアキーボードのマイクのボタンを押して音声入力をはじめる。音声入力である程度の文章を進めたら、マイクをオフにして物理キーボードで修正する。

ソフトウェアキーボードは、二本指でタップすると簡易的なトラックパッドになるので、カーソルを素早く大きく、しかも正確に動かすこともできる。チマチマと矢印カーソルを連打して移動したり、指先の神経質なタップでカーソルを合わせたりする必要はない。物理キーボードがあるので、コピーペーストも簡単だ。

iPad ProはiOSのアップデートによりDockもできたし、Split View機能で画面も分割できる。ドラックドロップもできるようになった。音声入力を使う人にとっては、現時点においてMacBookを上回ったと言ってもいいだろう。

音声入力にも向いているし、紙とペンにもなる。だいぶ人間らしいデバイスになったな、iPad Pro。

malzackblog@gmail.com
プライバシーポリシー
© 2014 - 2018 Malzack