Malzack Blog

— 丸山和訓のブログ —

セッション用のエッセンシャルオイル

ボディワークをやるにあたって、環境はすごく大事である。クライアントのリラックスの深さが効果に影響するからだ。特に自然治癒を高めるワークをやっていると痛感する。

いわゆる治療院は、比較的に緊急性が高いクライアントを取り扱う。なるべく多くの患者さんの痛みを和らげなければならないので、短い時間で効果を出す "時短"の施術が正義とされる。それはそれで必要な役割を担っている。救命病棟24時ではないが、ボディの悩みを直結で治療する場所だ。

しかし、時間をかけることでやっとこさリリースできる組織(靭帯、硬膜、頭蓋骨の縫合など)もあるし、時短の施術をクライアントが求めていないときがある。それがリラクゼーションサロンの役割だ。ベッドにゆっくりと横たわって癒されることで、解放できるものもあるのだ。

感情的な部分は特にそうだ。ボディワークで感情の層までゆるめるには、長い時間をかけることが大事だし、リラックスできる環境も欠かせない。プラクティショナーとの信頼関係も大きく関係する。ひたすらに安心してリラックスできる状態になって、やっと深い部分までリリースができるのだと思う。

以前にアロマディフューザーの記事を書いた。セッション中はなるべくリラックスしやすいように、アロマオイルを取り入れている。

しかし、読者の方から「もっといいオイルありまっせ」とご紹介いただいたのが、ヤングリビング社のアロマオイルだ。皮膚に直接つけても問題がないオイルとされているので、これを目隠しタオルの淵(目にはかからない位置)に1滴垂らして使っている。

ヤングリビング社のエッセンシャルオイルは高額だ。5mlで10,000円もするような商品がゴロゴロしているなか、ワイエルリリースは5mlで4,000円ほど。これなら手が出る。「心、体、自分の中に溜め込んだものを開放するのを助ける香りです。」とのこと。名称も『リリース』だし、まさに僕のセッションにぴったりのオイルではないか。

僕のやっているのは治療行為ではない。かといって、いっときの癒しを提供するだけのリラクゼーションでもない。芯からのリラックスに導くことで自然治癒を引き出し、お客さんが真の健康になることを目的としている。レスイズモアが信条だが、ことお客さんのリラックスのためなら、ありとあらゆるものを取り入れていきたい。

ワイエルリリース

malzackblog@gmail.com
プライバシーポリシー
© 2014 - 2018 Malzack