Malzack Blog

— 丸山和訓のブログ —

待ちに待ったKindleのSplit View対応

僕はいま、興奮している。

Kindleアプリにとんでもないことが起きたのだ。なんと、KindleがiPadのSplit View機能に対応した。「待ってました!」と思わず言葉に出た。

これにより何ができるようになったのか。それは、Kindleを読みながらApple Pencilでメモをとることが可能になったということだ。これがどれくらいすごいことかわかるだろうか。

Kindleを読みながら手書きでメモをとりたい。以前にもこの切実な思いをブログに綴っていたが、本当に実現するとは思わなかった。だってそれができたら、Kindle端末よりもiOSアプリのほうが優位になってしまうからだ。

重要な部分を抜粋したり、マインドマップを書いたりと、読書体験に大きな幅を持たせることができる。紙の書籍でも同じようなことはできるが、本がパラパラとめくれないように手で抑える必要に迫られる。iPadという板なら勝手にページが変わることがない。電車に座りながらもできる。
Kindleに手書きを取り入れたい - Malzack Blog

早速アプリをアップデートし、Split Viewで使ってみた。そうそう、これがやりたかったんだ。文字を抜粋するのはもちろん、図を書くこともできる。デジタルテキストのメモよりも、手書きのほうが記憶に残りやすい。

ノートアプリはNote Alwaysを使っている。Split Viewにも対応しているアプリだが、ページが分割されてしまうので全体像がわかりにくくなってしまう難点がある。そこで補助線を引くことにした。

こうすれば、ノート全体のイメージを把握しながらメモをとることができる。二本指のスワイプで、画面をスライドして使う。

最近はiPad Proでブログも書いている。Apple Pencilによりアナログ的な要素も含んだこのデバイスが、ますます手放せないものとなった。

Note Always - App Store
iPad Pro 12.9
Apple Pencil

malzackblog@gmail.com
プライバシーポリシー
© 2014 - 2018 Malzack