Malzack Blog

— 丸山和訓のブログ —

真っ白い長袖Tシャツ

サラリーマンの頃は、真っ白いワイシャツを着ていたのでそこまでではなかった。しかし、ワイシャツを着る必要がなくなり、メリノウールのグレーの長袖ばかりを着ていたら、なんだか地味すぎる気がしてきた。

季節だって春なんだし、職業もセラピストなんだし、もっと明るく垢抜けたい。薄暗いトーンの服装で、極端にモノが少ないオトコなんて誰だって会いたくない。

「困ったら無印」がモットーの僕は、すぐさま無印良品の店舗に足を運んだ。

地味な服装を脱却するのに、派手な色を揃える必要はない。もっとも明るい色とは、すなわち"白"だからだ。

最近は全身メリノウールだったが、久しぶりのオーガニックコットン。長袖だ。コットンは肌触りも柔らかいし、身につけているこちらの気分もなんだかホッコリする。

ボトムスは相変わらず真っ黒なので、白のトップスとあわせるとコントラストがはっきりした。結構透けるので、結局はメリノウールの長袖をアンダーウェアとしている。夏は下にタンクトップでも仕込むか。

いずれにしても外見はだいぶ清潔感が増したし、メリハリのあるファッションになった。ご満悦である。

malzackblog@gmail.com
プライバシーポリシー
© 2014 - 2018 Malzack