Malzack Blog

— 丸山和訓のブログ —

バイオリズムを受け入れる暮らし

人間にはバイオリズムがある。

たとえば、満月と新月を繰り返す月のサイクルで体調の変化を感じる人もいるし、気温や湿気の影響もあるだろう。理由もなくただなんとなくやる気が出ない時期もある。

それがたぶん人間の本質。浮き沈みがあるのが人間なのだ。

先月はどうもやる気が出なかった。細かい掃除も行き届かないし、毎日やると決めたことがままならない。暮らしが思い通りに進んでいかずにもどかしさを感じたが、怠惰な自分を受け入れることにした。そういう時期もあるんだから。

そうやって無理せずに日々を過ごしていたら、最近は打って変わってモチベーションが高い。普段やらない場所の掃除をやるのが楽しいし、新しいことにどんどんチャレンジしたくなっている。

バイオリズムが停滞しているときよりも、好転しているときにエネルギーを注入したほうがいい。停滞と好転はふたつでひとつであって、「停滞も自然の摂理である」と理解して暮らすのは、心の支えになる。

人生にはストレスでダメになりそうなときがある。立ち直れないほどのショックな出来事も起こる。でも、そういったときは大人しく停滞しているのがいいだろう。そういうバイオリズムなのだから逆らってもムダだ。折れてしまった骨が修復するのにもある程度の時間が必要だし、好転するまでゆっくり機会を待たなくてはいけないときもある。

誰にでも、ダメな面と良い面がある。ダメな面を認めてこそ、良い面はさらに輝くのではないだろうか。僕はその両面に人の魅力が詰まっているように思う。

そして今日の僕は、こういうセンチメンタルな文章を書くバイオリズムなんです。でも次の記事は「ペヤングの美味しい食べ方」かもしれません。

malzackblog@gmail.com
プライバシーポリシー
© 2014 - 2018 Malzack