Malzack Blog

— 丸山和訓のブログ —

腕時計離れ

f:id:mlzk:20180701124018j:plain

社会人には「腕時計をしていなくてはいけない」という暗黙の常識がある。時計をしていたほうがマトモに見られるのだ。特に男性にとって、時計はビジネスマンの象徴でもあるように思う。

しかし、なるべくなら腕時計は外していたほうがいい。長時間つけていた時計を外すと手首が楽になるのを感じることからわかるように、手首を締め付ける時計はカラダに負担をかけているのだ。出かけるときや商談のときはやむを得ないが、オフィスにいるときは積極的に時計を外すのをオススメする。

僕はといえば、会社員をやめてから時計をしなくなった。時間に縛られることが減ったことと、何よりも手首の締め付けから解放されたかったからだ。セラピストという商売は手が商売道具なので、負担はたとえ1ミリだとしても減らしていきたい。手首が最大限にリラックスしていなくては良いセッションはできない。

腕時計はやめた。でも、通称「チープカシオ」と呼ばれる格安の腕時計をひとつ持っている。もともと会社員時代に腕時計としてつけていたものを、いまではセッション中の時間確認として使っている。時間を忘れてリラックスしていただくために、部屋には時計を置いていない。お客さんに目隠ししたあと、自分だけが時間を確認するためのチープカシオ。

CASIO MQ-24-7B2LLJF

malzackblog@gmail.com
プライバシーポリシー
© 2014 - 2018 Malzack