丸山和訓 × Blog

セラピスト・丸山和訓のブログ

iPadにぴったりのボディバッグ

ちょうどよい大きさのボディバッグがない。 そう。iPadが入るくらいの、ちょうどよい大きさのバッグがないんだ。市販のモノはどれも、帯に短し襷に長し。 そんなときは、作ってもらえばいい。ハンドメイドで作ってもらえば、わがままも言い放題だ。 Apple Pe…

ビルケンシュトックの「ロンドン」が5歳

2014年の夏に買ったロンドンを、2回目のソール交換に出した。 僕の足の大きさは、ビルケンシュトック的には、41と42のちょうど中間らしい。41だとつま先が当たって少し痛い。けれど42にすると、今度はかかとが緩い。 革は伸びるし柔らかくなる。当時の店員さ…

3年目の「破け」

購入履歴を調べてみたら、僕と「CLEVES」の付き合いは3年になるらしい。 「CLEVES」とは、ジョン・スメドレーというブランドのセーター。程よい光沢の上品なハイゲージニットで、自慢じゃないがちょっとお高い。それを、長持ちすると信じて買ったのが3年前だ…

ワイプオールと中庸

ふきんと雑巾が好きだった。食器を拭いたり、床を水拭きしたり。汚れたら洗って漂白。キッチンペーパーやクイックルワイパーよりも丁寧なところが好きだった。 でも背に腹は変えられないということで、ワイプオールを買った。いわば使い捨てのふきんで、食器…

松浦弥太郎のレシート術

松浦弥太郎の背中は遠い。 松浦弥太郎は日本でもっとも丁寧な男である。もしテレビチャンピオンで『丁寧王』があったなら、間違いなく優勝は彼であろう。おそらく出演する前の日は21時に消灯し、朝5時くらいに起きて軽くジョギングで汗を流す。入り時間の2時…

ズボンの裾のお直し

いままでかっこつけて『ボトムス』と表記してきたが、ごめんなさい。僕は普段、下半身に纏う衣類のことを『ズボン』と呼ぶタイプの人間だ。 ボトムスと表記してきたのには理由がある。ズボンというと途端にオッサンっぽくなるわけで、「えー、まだズボンとか…

三種の神器の価格は53,676円

僕が表紙になった『iPad仕事術!SPECIAL 2018』は本日発売です。 とやりたかったのですが、社会人の言い訳のテッパンでもある「バタバタしている状態」で、今さらの告知となってしまいました。発売したのはおとといです。 読者さんから、「三種の神器が手元に…

あえて有線のEarPods

無線のBluetoothイヤホンにすると、コードが絡まる煩わしさから解放される。ただし、それと引き換えに、常日頃からバッテリーの残量を気にするストレスが増える。充電するアイテムが増えるから、コンセント周りも混雑する。 今回、あえて有線で、あえてiPhon…

『iPad仕事術!SPECIAL 2018』で表紙と巻頭ページを担当しました

今回も楽しくお仕事をさせていただきました。3度目の掲載の『iPad仕事術!』です。手書きに特化したSPECIALへの登場は昨年に引き続き、2度目となります。iPadとApple Pencilを使ったノート術、思考術をたっぷり14ページにわたり書き尽くしましたので、どうか…

iPadの大きさは「本のサイズ」で考える

インチと言われても、ピンとこない。 そもそも日本の教育ではメートル法で長さを教わる。なのにテレビやスマートフォンを選ぼうとすると、いきなりインチが用いられるから参ってしまう。しかも画面におけるインチとは、縦でも横でもなく斜めの長さだというか…

プライバシーポリシー
© 2014 - 2019 丸山和訓