丸山和訓 × Blog

丸山和訓のブログ

無印良品のパスポートケースはカードの保管にピッタリ

財布に入れているカードは4つ。運転免許証、健康保険証、キャッシュカード、クレジットカードだ。多くのカードで財布がパンパンになるのは美しくないので、最小限にしている。 それ以外にも、病院のカード、歯医者の診察券、資格カード、銀行の振込用カード…

革靴はケアをしっかりすれば雨の日だってこわくない

「意外に思うかもしれませんが革は案外に水に強いもの。もちろんひどい雨の日にわざわざ大切な革靴を履くことはお勧めしませんが、普通の雨なら少々濡れてしまってもケアすれば大丈夫ですから、あまり神経質にならずに革靴のお洒落を楽しんでいただきたいで…

フランスブランドのオンオフ兼用PCバッグ

PCバッグのハイエンドブランドのコート・エ・シエル。リュックサック型の『Isar』は有名なので、見かけたことがある人も多いはず。フランスの会社で、ミニマルでスタイリッシュなデザインが特長だ。 僕のバッグは、このブランドのメッセンジャーバッグ『SPRE…

靴はビルケンシュトックの3足だけ

ビルケンシュトックの革靴3足で過ごしている。 ビルケンシュトックは足の指先がゆったり。革靴でも窮屈さはない。長く履いていると、疲れにくいのを実感できる。「革靴は疲れる」という固定概念を取り払ってくれるのがビルケンシュトックだ。 加えて、ビルケ…

この2つを身につけるだけでパーティールックはカッコよくなる

モノが少ないミニマリストだって結婚式やパーティーに招待される。スーツにネクタイという、いわゆるサラリーマンルックで行くのも選択肢のひとつだが、オシャレをしたいので、パーティー用に2つのアイテムを持っている。使う機会は正直少ない。でもせっかく…

革製品の手入れはコロニル1909で決まり

持ち物にミニマルな美学を求めるミニマリスト。減らした分ひとつひとつを大事にしているので、充実感は減ることがない。 靴や財布などの革製品のメンテナンスをすると、愛着が生まれてきて楽しい。革製品は長く使うことで質感が出てくる。自然についてしまっ…

重要書類をスタイリッシュに保管するためのアイテム

モレスキンのポートフォリオ。開くとA4の紙がスッポリ入るポケットが蛇腹式に開く。 A4サイズを収納するのでそれよりも一回り大きい。バッグに入れるとかなりかさばるので、持ち運ぶよりも自宅用が適している。手に持つと重厚感があり、シックな黒色は高級感…

万年筆はインク補充が楽しい

「万年筆はランニングのコストが安い」と言われる。 確かにインク交換の費用だけ考えると、万年筆のランニングコストは安い。でも、万年筆はその本体が総じて高価である。僕が持っている万年筆はネットで買っても一本20000円。100円のボールペンが200本買え…

満足できる折りたたみ傘に出会うまで

傘は折りたたみ1本のみ。天気予報をみないので、いつ雨が降ってもいいように常に持ち歩いている。持ち歩きの負担を減らすために、なるべく軽量で小さいモノが理想。ところが、以前持っていたモノは、軽さと小ささは申し分なかったが、2年経たずに壊れてしま…

革靴を長持ちさせるためのモバイル靴べら

革といえばイタリア。イタリアの革製品といえばイルビゾンテ。品質のよいイルビゾンテの製品は憧れの的である。そんなそんなイルビゾンテの靴べらを、ギフトでいただいた。 ミニマリストゆえにモノが少ない分、持ち物は愛着をもって長く使うように心がけてい…

プライバシーポリシー
© 2014 - 2019 丸山和訓