丸山和訓 × Blog

セラピスト・丸山和訓のブログ

あらためて考える「健康」の定義

f:id:mlzk:20161230104958j:plain

健康とは何か?

よくよく考えてみると、結構むずかしいものです。おそらくそれは、ボディ、マインド、スピリットの視点から考えると良いのでしょう。

ボディの健康。それは、痛みがないこと、病気がないことがまず大前提としてあります。ただし、痛みがなくても、からだに本来の柔軟性がなければ、それは健康とはいえません。たとえば、ヨガをやったあとは心地よくなる。ということは、その分普段は心地よくないわけで、健康の余白があるのです。

では、「ボディが健康ならそれで満足か」というと、そうでもありません。精神的なストレスを膨大に抱えていたら、それは健康ではありません。マインド面の健康も考える必要があります。瞑想をしたり、リラクゼーションを取り入れたりすることで、ストレス耐性が強くなり、マインドの健康を高めることができます。

スピリットという概念は理解しにくいですが、ボディもゆったり、マインドも安定しているけれど、なんとなく人生がしっくりとこない。それはそれで、スピリット的な不健康といえるかもしれません。

これらを踏まえて考えてみると、健康とは「ボディ、マインド、スピリットがバランスよく整っていること」なのだと思います。

ボディの健康も、追求すればキリがありません。完全にゆがみのないからだは存在しません。そして、ストレスが一切存在しないマインドもありません。ある程度のストレスは必要です。そして、魂を燃やせる仕事を見つけても、ボディとマインドに負担がかかり過ぎてはいけません。

なにごともバランスが大事。そもそも、「Health」の語源は「完全な」という意味の「Hal」から来ているそうです。「全体性」をあらわす「Whole」も同じ語源から生まれたもの。生命としての「全体性」を取り戻すこと、それがすなわち、健康と言えるのかもしれませんね。

あなたが思う「健康」とは、何でしょうか?

問い合わせ先
malzackblog@gmail.com

プライバシーポリシー
© 2014 - 2019 丸山和訓