丸山和訓 × Blog

セラピスト・丸山和訓のブログ

オーラチャクラ診断が楽しい

星占いもいいが、もっと楽しい診断があるのをご存知でしょうか。

その名も、「オーラチャクラ診断」です。

オーラチャクラ診断は、岩座というパワーストーンの店舗で、簡単に受けられます。パソコンと専用の計測機を使って、わずか数分で自分のオーラの色やチャクラのバランスがわかるという代物。

診断後にもらえる紙面から、その計測の根拠を抜粋します。

皆さんの体が持つ電気信号を計測し、その電気の周波数を光の周波数と比較し、色(光)というカタチで表します。人間の体内では神経伝達が行われており、この神経伝達は微弱な電気を利用して脳と体を結びます。その微弱な電気信号を読む取ることで、皆さんの心や体の状態を詳しく読んでいくことができるのです。

生まれた年月日で運勢が決まる星占いに比べると、オーラチャクラ診断は血圧測定に近いです。ただし、それはかなり微弱な世界なので、物質的なカラダへの影響も、もちろん小さい。しかしながら、どんなに微弱でも、長い目でみると僕たちのからだやこころに少なからず影響します。

オーラとチャクラは7つの色で計測されます。虹のスペクタルと同じで、赤・橙・黄・緑・青・藍・紫。この診断では、その色を基に性格や向いている職業をアドバイスするのです。

これを教えてくれたのは知り合いのマッサージセラピストで、その人は青色でした。30ページほどにもなるその分析書を見せてもらうと、オーラやチャクラというスピリチュアルな言葉とは裏腹に、現実的な内容が書いてありました。スピリチュアルなイメージはそこにはなく、どちらかといえば、それは血液型診断のように親しみやすいものでした。

「これは僕もぜひ受けてみたい」ということで、翌日には計測に。「オーラはどんな色かなー。たぶん、藍色か紫色だろうなー」とワクワクしていると、あっという間に診断が終わる。

結果は、白でした。

え、虹の色じゃないの?

どうやら白は大変めずらしく、全体の2、3%ほどしかいないらしいです。すべてのオーラの色を含む存在のようで、物質や肉体とは真逆の、精神的な世界の極みに位置するとのこと。

さて、どんな診断内容になるのか。プリントアウトされた診断書を手にとってみると、そこには、おそらく彦摩呂だったら「スピリチュアルの宝石箱」と表現するであろう内容が書かれていました。ページをめくる度に、もう眩しいくらいにスピリチュアルなのです。

f:id:mlzk:20180108004420j:plain

さてここからは、白オーラの診断書の中から一部抜粋して紹介しましょう。スピリチュアルアレルギーの人がドン引きするようなワードをピックアップしたので、大いに笑ってほしい。

  • 肉体面:超越
  • 感情面:癒しと光
  • 精神性:超越した、宇宙的、より高次な次元の存在、高い波動、癒しの力
  • モチベーション:神との結びつき
  • 使命:癒しと精神性を教える
  • 成長:宇宙の流れ、超越的な一体化、神の源とつながる
  • 人間関係:神との強い関係
  • 成功:人類を癒し、教え、啓蒙すること
  • キャリア:スピリチュアルカウンセラー、ヒーリング関連、教育関連

他のセラピスト仲間が受けた緑色や黄色のオーラの診断書も見せてもらいましたが、やはりカジュアルで親しみやすい内容でした。なぜか僕のオーラの白だけ、異世界なのです。超越なのです。神との結びつきなのです。

楽しいので、皆さまも是非オーラチャクラ診断を受けてみてください。友達と交換して見せ合うとなお楽しいです。そして、もし僕と同じく白色オーラの方がおられましたら、一緒に神と対話しましょう。

malzackblog@gmail.com
プライバシーポリシー
© 2014 - 2018 Malzack