Malzack Blog

— セラピスト・丸山和訓のブログ —

カサカサヒートテック

結論から言おう。ヒートテックを着ると肌が乾燥する。

ヒートテックは皮膚の水分を熱に変えて暖かくする仕組みだからだ。極暖、超極暖と暖かさのインフレが起こっているが、その暖かさと引き換えに我々の水分は失われているのだ。

僕もいっときヒートテックを着ていた時期があった。しかし、なんとなく皮膚がヒリヒリする気がしてやめてしまった。そのときに知ったのがヒートテックによる肌の乾燥なのだ。

皮膚の乾燥が気になる。そう訴えるお客さんが多い。もちろん、乾燥しやすいのは体質もある。しかし、ヒートテックを毎日せっせと着ているなら、まずはそこから改善するのが手っ取り早いだろう。それを伝えると「え、知らなかったです」とビックリされる。

Twitterでアンケート調査をしてみたところ、この事実を知らない人が思いのほか多かった。

別にヒートテックは悪者ではない。ホームページには「身体から出るわずかな水蒸気を熱に変える」とちゃんと書いてある。要は使いようなのだ。

どうしようもなく寒い日は、皮膚の乾燥と引き換えにでも暖かくしたいときはある。そういったときはヒートテックのお世話になって、帰ったあとに乾燥のケアを念入りにするのがいいだろう。身体を労わる時間をもうけるのは、精神衛生的にもとても良い。しかめっ面ではなくやさしい表情で、自分の肌をケアしてあげよう。

外はまだまだ寒い。しかし暦はもう春だ。少しづつヒートテックから自然な素材に切り替えていってはいかがだろうか。

僕はといえば、全身メリノウールで冬を過ごしておりまする。「もう、羊なんじゃないか」というくらいメリノウールに包まれております。

malzackblog@gmail.com
プライバシーポリシー
© 2014 - 2018 Malzack