Malzack Blog

— セラピスト・丸山和訓のブログ —

箸がない

箸がない。と言っても持っていないわけではない。2膳あったうちの1膳がなくなったのだ。

モノ・ミニマリスト的なライフスタイルを突き詰めようとすると、スプーンとフォークが一体になったようなアイテムを持ちたくなる。スノーピークの先割れスプーンだけで生活をしてみたこともあったが、やはり慣れ親しんだ”箸”がないと落ち着かない。

洋食かぶれになってしまった大学生に箸の製造工程を見学させ、日本食のすばらしさを説く回が『美味しんぼ』にもあった。箸は日本の心であるのだから、ずっと使っていきたい。ありがとう、士郎。

ひとり暮らしでも箸は二膳くらいあると便利だ。洗って乾燥させている間にローテーションができる。洗い物が面倒なときも、もう一膳控えていると思うと安心だ。来客のときにも対応できる。

箸は無印良品で購入した。「迷ったら無印」「アレコレ考えたくないときは無印」とはよく言ったもので、とりあえずどんなアイテムも無印良品で揃えておけば問題ない。

ところが、そんな無印の箸が今は一膳しかない。どこをどう探そうと、というかモノが少ない部屋なので取り立てて探す場所はないのだが、とにかくない。

考えられる理由はひとつだけだ。それは、捨てたのである。もちろん、故意で捨てたのではない。間違えて捨てたのだ。

おそらくコンビニで買った弁当を無印の箸で食べ、割り箸と間違えて捨てたのだろう。叶姉妹は一回履いたパンツを捨てると聞いたことがあるが、僕は割り箸感覚で無印の箸を捨てた。知らない間に随分とセレブになったものだ。

ゆくゆくはパーティーやコミケに登場して世間を賑わせる日も来るかもしれない。今後のMalzackのファビュラスな活躍に期待していただきたい。

malzackblog@gmail.com
プライバシーポリシー
© 2014 - 2018 Malzack