Malzack Blog

— セラピスト・丸山和訓のブログ —

確定申告に感じる人間らしさ

かつてはタスク管理オタクだった。

GTDというストイックな手法を取り入れ、OmniFocusという高額なアプリを導入していた。しかもそれをブログにアップして、タスク管理とはなんぞやと生意気に語っていた。

ところが、会社員を辞めてからというもの、僕のタスク管理能力は新卒並みに成り下がった。もし上司がいるのなら「やることをリストアップしろ」と指示されていることだろう。会社というのは相互監視という役割もあるので、タスク管理も進めやすいのかもしれない。

確定申告がめんどくさい。そのタスクは、やらなきゃと思いつつも一向に進んでいない。元タスク管理オタクなので、たぶんやるべき作業はタスクを細分化することなんだと思う。

経費を登録する。申告書をネットプリントする。税務署に行く。そうやって具体的にアクションに置き換える。

それでもアクションに気が乗らないのなら、もっと細分化するのがいい。

レシートをテーブルに出す。MacBookでfreeeのソフトを開く。などだ。どんなに面倒なタスクも、一度スタートを切ってしまえば意外とラクに感じるもの。子供でもできるようなアクションにしてしまえば、タスク処理は捗るのだ。

それでもだ。わかっちゃいるけどできない、という状態が訪れるのが人間だ。人間は理屈では説明できない部分もあるのだ。だから、確定申告が進まないことを、僕は「人間らしさ」と認識している。確定申告がめんどくさいのは、人間らしい感情なのだ。それを否定することは自然の摂理に反する行為だ。

加えると、今年は例年よりも寒かったように思う。そもそも、冬は活動するのに向いていない。冬は風邪をひくことなく無事に越すことを一番に考えるのがいい。あまり無理をするとインフルエンザにもなりかねない。暖かくなってからでも間に合うものは、なるべく先送りするのがいいだろう。特に今年は寒かったのだから、なおさらだ。

ところが、ここ数日暖かくなってきてしまった。「寒いから」という言い訳もそろそろ通用しなくなってきた。「人間らしさ」という言い訳は、そもそも屁理屈みたいなもんだ。いや、本当は気づいているんですよ、言い訳ばっかりして確定申告から逃げているってことは。

こんな記事を書いている時間があるなら、確定申告を進めたらいいのでは。そう思う読者もいるだろう。確かにそうですね、もう言い訳はしません。ちゃんとやります。

でも、まだたっぷり2週間あるのだから慌てることはない。焦ってミスをしては元も子もないので、ペース配分は大事だ。ちょうど来週は友人とピザを食べにいくことが決まっているので、そこでたっぷり英気を養ってからでも遅くはないだろう。ピザを食べてからでもまだ1週間は残っているのだから、元タスク管理オタクの実力があれば十分に間に合う自信がある。

よし、確定申告までの筋道がたった。確定申告をやるイメージトレーニングでもして、本番に備えることにしよう。

malzackblog@gmail.com
プライバシーポリシー
© 2014 - 2018 Malzack