Malzack Blog

— セラピスト・丸山和訓のブログ —

モノ選びのルール

20代はお金を使って、欲しいものを買ったり自己投資をしよう。

少ないモノで暮らすライフスタイルを公開しておいてなんだが、20代でミニマリストを名乗る人を見ると、「おいおい、大丈夫かー」と心配になる。

世の中にはお金の使い方がわからない人がいる。朝から晩まで真面目に働き、会社に貢献。出世もするし貯金もたまる。しかし、晩年が近くなり少し余裕が出てくると、今度はお金を持て余す。その結果、キャバクラにはまって全財産をひとりの女性につぎ込む。そんな人が本当にいるのだ。

モノを減らすライフスタイルには段階がある。若いうちから「多くは必要ない」なんて語るのは、まさに井の中の蛙だ。大海を知らない蛙は、歳をとってから痛い目をみる。だからちゃんとお金を使う練習をしたほうがいい。

減らすブームとは真逆の流れで、レビューブログの勢いがすごい。特に20代の若者が運営しているレビューブログの活躍が目に留まる。彼らは一眼レフで写真を撮り、まるでオシャレな雑誌のような仕上がりでブログ記事を投稿する。ブロガーというより、新手のクリエイターだ。

ミニマリストブログも玉石混交だが、資本主義への怒りだったり、極端になりすぎたりで、どうにも偏屈な印象がぬぐえない(もちろん僕のブログもね)。それに比べて、若者のレビューブログは「これかっこいい!」「これオシャレ!」とストレートな感情を活き活きとぶつけてくる。ミニマリストよりも、ココロの構図がシンプルだ。しかもビジュアル面はアート並みであるから、ミニマリストブログもデザインを意識しないと太刀打ちできないだろう。

レビューブログといえば、一度僕のオフ会に来てくれた、堀口英剛さんが有名だ。彼は莫大な数のファンとPVを誇るガジェットブロガーであり、ジャニーズ事務所が敵対視するほどのイケメンである。小池徹平によく似たやさしい顔を持ち、若くして自分の会社を持つ社長であり、しかもオシャレ族の巣窟ともいわれる中目黒に住んでいる。これほどのスペックを持つ青年はなかなかいない。

唯一の欠点は「本を出版していないこと」くらいだったが、なんとこの度、出版をするらしい。これで最後の欠点がなくなってしまった。発売日がホワイトデーというのも嫉妬するほどにかっこいい。「天は二物を与えず」といったのは誰ですか?そんなの全然当てはまらないんですけど。

堀口さん、出版おめでとうございます。

人生を変えるモノ選びのルール

malzackblog@gmail.com
プライバシーポリシー
© 2014 - 2018 Malzack