丸山和訓 × Blog

セラピスト・丸山和訓のブログ

顎関節症の原因の9割は、顎関節に存在しない

f:id:mlzk:20181228172920j:plain

顎関節症の原因の9割は、顎関節に存在しない。クレニオ・セイクラル・セラピーで、僕はそう教わりました。

ところが、噛み合わせの問題として歯科に相談する人が多いようです。不自然な器具を取り付けたり、歯を削ったりして、もう戻せない状態になることも。その前に、からだのつながりから改善を試みるのが良いのではないでしょうか。

顎関節は、「側頭骨」という骨と深く関係します。「左右の側頭骨から、下顎骨という骨がぶら下がっているだけ」という大胆な構造になっています。側頭骨に左右のアンバランスがあると、簡単に噛み合わせに影響します。

では、どうして側頭骨がゆがむのか?

それは、頭蓋骨全体のゆがみや、ムチ打ちなどの外的な衝撃もあるでしょうし、精神的な原因もあります。緊張したり、怒ったりすると食いしばりが起こるように、感情的な結びつきもあるのです。

顎関節のみだれは、たとえ痛みが伴わないとしても、スムーズにしておく必要があります。首の痛み、頭痛、耳鳴りなどの隠れた原因になっていることがありますし、極端すぎる性格につながっていることも。

ゆがみが性格を生んでいるのか、性格がゆがみを生んでいるのか、どちらが先かはわかりませんが、いずれにしても、側頭部と性格には関係性があるようです。フェイスラインがゆったりしていれば、心も穏やかになるものです。

クレニオ・セイクラル・セラピーでは、側頭骨のアンバランスを整え、顎関節の緊張をリリースするテクニックを用います。ガコッと動かしたりせず、スルッとゆるめるテクニックです。

僕自身、過去はアゴを大きく開けると音が鳴っていましたが、頭蓋骨の調整により鳴らなくなりました。それにより、性格が改善されたかどうかは、自分ではわかりませんけど。

問い合わせ先
malzackblog@gmail.com

プライバシーポリシー
© 2014 - 2019 丸山和訓