丸山和訓 × Blog

丸山和訓のブログ

Twitterで本当につぶやいてはいけない

Twitterで本当につぶやいてはいけない。言いたいことを発信してはいけないのだ。

言いたいことを発信してはいけない理由、それは、誰もが人の話は聞きたくないからだ。誰だって自分が話しているときが一番気分がいい。

愚痴だってそう。話している人は発散になるが、聞いている人は結構シンドイ。それが自分にとっての大事な人であれば、聞いてあげようという気持ちになるけれど、赤の他人の愚痴なんて、遠くから耳に入ってくるだけでも不快になる。

だから、言いたいことを言っても、誰からも「いいね」はつかない。つけてくれる人がいたとしたら、たぶんそれは、こちらが「いいね」をしたお返しだ。

一方、誰かが聞きたいことを発信すると、途端に反応がある。つまりTwitterとは、誰かが聞きたいことを、言ってあげるメディアなのだ。

Twitterを利用する人は、自分の視野を広げるためにアカウントを作っているのではない。視野を固定するのが、目的なのだ。(結果として視野が広がることはあるけれど)

固定したい視野を、より固定してあげる。本当のつぶやきをTweetしてはいけない。これがTwitterの運用方法である。受信者ではなく、発信者としてやるのなら。

いろいろTweetしてみたけれど、やっぱり自分の言いたいことは世間のニーズと結びつかない。そんな悲しい僕のアカウントはこちら。

プライバシーポリシー
© 2014 - 2019 丸山和訓