丸山和訓 × Blog

丸山和訓のブログ

整体院って入りづらいよね

f:id:mlzk:20191127155853j:plain

偏見が多々あることを承知の上で聞いてほしいのだが、リラクゼーションサロンと整体院、どちらがオススメかと言われれば、整体院である。

こんなことを言うのは、僕が整体院に通っていたからでもないし、整体院で勤めていたからではない。むしろ僕の会社員時代はリラクゼーションのお世話になっていたし、会社員を辞めてからはリラクゼーションサロンで実務を経た。

業界に入り、セラピストの同志や整体師の知り合いが増えていくなかで、平たいジャッジをさせていただくと、整体師のほうがからだに詳しい。知識があればいいってもんじゃないけれど、僕が評価しているのは仕事の姿勢である。

わかりやすい表現をすれば「からだオタク」で、結果に対して責任感を持っているし、「良くしてあげたい」という熱量もプロ意識も高い。

だから、もしあなたがからだを好転させたければ整体院に行くといい。別に症状がなくてもいい。疲労を取り除くという目的でも、整体師のほうが上手だ。「整体は痛い」と思っている人もいるかもしれないが、本当に上手な整体師は痛みを感じさせず、心地よく変化させることもできる。

でも、それをわかりきった上で、僕だったら整体院に行かない。なぜかというと、病院みたいだから。蛍光灯でピカピカに照らされるなかで、白衣のユニフォームの人に患者のような扱いを受けるのは真っ平だね。どんなに良い施術だとしても、環境と雰囲気がものすごーく行きづらくしているのだ。

というわけで、整体院でいまよりも集客する方法はカンタンだ。照明を落とし、内装をオシャレにし、白衣を捨て、あたかもリラクゼーションサロンのように振る舞うことだ。そうするば、訪れたお客さんは一層リラックスできるし、からだの変化に大層おどろくはずだ。

リラクゼーションサロンで手に負えないクライアントがいる。けれど、整体院に行くのがイヤすぎて健康になるチャンスを失っている。もう少し歩み寄っていただけると多くの人がラクに暮らせると思うのだが。

プライバシーポリシー
© 2014 - 2019 丸山和訓