丸山和訓 × Blog

丸山和訓のブログ

「発信」という名刺

なんらかの活動をしている人はとにかく発信をしよう。

勘違いしないでほしいのだが、「インフルエンサーになろう」ということではない。発信をする理由は、それがオフラインで会った人への名刺代わりになるからだ。

自分を知ってもらうというのはとても大事。そしてそれは、いわゆる名刺サイズの情報では伝わらない。

自分が普段何を考え、どのようなところに行き、何を食べているのか、それをネットに残しておくのだ。それを見てもらうことが、なによりも名刺になる。

Twitter、Instagramなど、なるべく時間をかけずに、毎日投稿する。長文やイラストが書ける人はnoteもいいだろう。

関係を深めたい人がSNSアカウントを持っていたら、積極的に交換する。そして、お互いに更新を共有する。そういうゆるい接触を続けていくのが、情報時代の知恵である。たまに会うだけでは関係は希薄になってしまうが、ゆるい接触を続けていれば親近感が保たれる。

過去の名刺を整理していると、「誰だっけこの人?」ということがあるが、「発信」という名刺交換をしていればそれが起こらないのだ。

「発信」はコソコソとやるものではなく、 堂々とやる時代に変わった。繰り返して言うが、インフルエンサーになるためではない。あくまでも最終目的はオフラインの充実である。

そこんところ、よろしく。

プライバシーポリシー
© 2014 - 2019 丸山和訓