丸山和訓 × Blog

丸山和訓のブログ

ミニマリストになっても節約にはならない

「ミニマリストは節約になるぞ」という人がいるが、この理屈がいまだによくわかっていない。僕の頭が悪いのだろうか。

モノは基本的にお金を奪う負の財産ではない。不動産のように持っているだけで固定資産税がかかるわけではないし、むしろ手元に置いておいたほうが何かのときに使える。つまり再購入する必要がなくなるので、そっちのほうが得することもある。実際に、僕は一度捨てたモノを何度も買い直している。

高城剛さんは、モノがありすぎるゆえに広い家に住んでいたようだが、我々庶民は身の丈にあった広さで暮らしていて、備え付けの収納スペースでモノが収まっているはずだ。さらに狭い家に引っ越すこともできるかもしれないが、引っ越し代はかかるし、そこまで大きく家賃は変わらない。ミニマリストになって狭い家に引っ越すというより、シンプルに家賃相場が安い地域に引っ越すほうがいい。

捨てることは節約にならない。ベッドなんて捨てようものなら、むしろ粗大ゴミの費用がかかる。メルカリで売ったとしても、それは取得費用よりも安く換金することであって、ライフコストは下がらない。 

「減らすこと」は節約にならないが、「買わない」ことは節約とも言える。不買を決め込むミニマリストとしての意気込みが結果的に節約になるのかもしれないが、実際の世の中はまとめ買いのほうがお得なわけで、ミニマルを徹底するよりも、たくさんストックするほうが経済合理的なときがある。

ミニマリストを目指す人のなかには、「生活のダウンサイジングをしたい」という人がいる。僕がこの記事で言いたいのは、捨てるにはお金がかかるし、捨てると再購入の費用がかかるときもあるし、狭い家に引っ越して家賃が大幅に変わるほど僕らはそもそも広い家に住んでいるのか、ということだ。

それだったらいまあるモノを残しながら(本当に不要なモノは捨てていいけれど、わざわざ最小限を目指す必要はない)、家賃が安い地域に引っ越し、交通費は満額会社からいただくのがいい。ミニマリストが処分しがちなポイントカードも活用しよう。

ミニマリストにはメリットがある。でも、経済的にはデメリットになる面もある。それらを天秤にかけて選択していけばいいのだが、「減らすの最高!」というコンテンツばかりを見ていると、正しい判断ができなくなってしまう。

プライバシーポリシー
© 2014 - 2019 丸山和訓